kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

一期一会の景色を味わうお茶の時間

朝おきて


窓の外をながめて


しばらくしてたら

 


"雪だー!"

 

 

 

カメラを持って玄関へ

 

 

 

さむっ!

 


ダウンを重ね着して

 

 

雪を撮る

 

f:id:kira_kira_boshi:20200329155909j:image

 


おとなりのお家の


満開のソメイヨシノに降りつもる


今年一番の雪

 

 


"そうだお茶しよう"

 

 

 

桜と雪を借景に

 


花見と雪見の一服

f:id:kira_kira_boshi:20200329155715j:image

 

 


お菓子の甘さにほっこりして


お茶のあたたかさにほっとして

 

 

 

しんしんとふる雪と

 


満開の桜をながめる

 

f:id:kira_kira_boshi:20200329155744j:image

 

 


しあわせだなあ

 

 

 

お茶をやってたおかげで


こんな風に季節を味わえる

 

 

一期一会のお茶の時間


たのしんでこ

 

f:id:kira_kira_boshi:20200329155801j:image

なにが起こるかわからない

今日から在宅勤務

 


期限未定

 

 

 

昨日の午後言われて


来月から異動の人達も挨拶できず

 

 

 

今日は朝から家デスクで業務開始

 

 

 

静かすぎて

 

PCの動作音が気になる

 

 

いままで人の話し声がBGMだったから

 


ずっと静かなの

 


そわそわする

 

 

 

 


こんな状況なるんだなぁ

 

 

なにが起こるかわからないなぁ

 

 

ちょっと不安になりそうになったけど

 

 

 

 

 

 

一本のメールで吹き飛んだ

 

 

 

 

 

 

"後輩の意識が戻った"

 

 

 

 

 

 

一週間前に倒れて

 

 

 

「この一週間予断を許さない状況」

 

 

 

て言われてた

 

 

 

 


それが

 


目を覚まして

 

 

少しずつ

 


反応を返すようになった

 

 

 


よかった

 

 

 

 

うん

 

 

なにが起こるかわからない

 

 

 

もしかしたら

 

 

在宅勤務が解除になったら

 

 

お見舞いにいけるくらいになるかもしれない

 

 

 

起こるのは不安なことばかりじゃない

 

f:id:kira_kira_boshi:20200327182729j:image

 

 

www.makonavi.com

 

 

自分に還る

夢の中で

 

会社の人に

仕事の取り組み方について説明してた


「適性に合わせた振る舞いをしている人は

ストレスが少ない。


だから、

自分の適性にあわせた振る舞いをしていこう。」

 


夢の中でまで仕事しなくても...


て思うけど

 

 

言ってることはその通り

 

もうちょっというと

 

適正 てより "本来の自分"

 

 

 


"こんな振る舞いだと評価されやすいだろう"


"こんな役割が求められるだろう"


勝手に思って振る舞って

 


でも

それが本来の自分とちがうと

 


知らず知らずにストレスがたまる

 

 

 


まわりに"よく見られよう"


て無意識にアンテナ張ってるから

 

他の人が怒られてたり


険悪な雰囲気になってたりすると


もとめられてないのに


勝手に同調して


自分もダメージ受けてる

 

 

 

たぶん


むかしむかし


親に

 

"よく見られよう"て

 

顔色うかがって振る舞っていたのが


抜けきれてないのかもしれない

 

 

大丈夫

 

「その振る舞いが気に入らない」

 

 

傷つける人はそんなにいないし

 

もしいたら

 

離れる力がもうあるから

 

 

だから

 

 

自分に還ろう

 

f:id:kira_kira_boshi:20200326082144j:image

 

 

はじまりの日

この一年

 

書と茶を通して季節をたのしんできた


「書と茶」会

f:id:kira_kira_boshi:20200324115309j:image

 

そのきっかけは一年前の今日

 

とある同窓会の帰り道

 


「一緒に宇宙イベントやろ!」


「宇宙に興味はないけど、書ならやりたい」


「あー書いいですね」


「え〜じゃあお茶点てるー」

 


てやりとりではじまった

 

 


帰りの電車の中でコンセプト考えて

 


そしたらこの日しかない!

 

 

5月1日 令和最初の日に開催した

 
令和元年 書き初め会

 

reisyo.hatenablog.com

 

ものごとが動く時

 

てこんな感じなんだな


て思った一年前の今日

 

 

そこから春夏秋冬

 

いろんなことがありすぎて

 

まるで遥か昔のよう

 

 

あの時の自分には予想つかない

 

いまがある

 

 

あの時の感じを思い出して

 

またはじめよう

 

f:id:kira_kira_boshi:20200324115259j:plain

 

 

つくりたいのはトキワ荘

週末後半は地元で

 

f:id:kira_kira_boshi:20200323082204j:image

本当はこの週末オープンする予定だった
トキワ荘マンガミュージアム

 

f:id:kira_kira_boshi:20200323082118j:image

手塚治虫

藤子不二雄

石ノ森章太郎

赤塚不二夫...

 

日本のマンガ界を代表するマンガ家たちが暮らしていた

マンガの聖地・トキワ荘

f:id:kira_kira_boshi:20200323082147j:image

 

「空いた部屋には若い同志を入れ、ここを新人漫画家の共同生活の場にしていきたい」

 

「新人漫画家同志で励まし合って切磋琢磨できる環境をつくりたい」

 

て思いのもとに

才能ある人たちが集ったらしい

 

 

この感じ

つくろうて

思ってるやつと一緒

 

 

同じ空間を共有しながら

時には支えてあって

時には刺激をうけあって

育っていく

 

そして

まわりもおもしろくしていく

 

そういう場所

 

 

 

私が生まれた頃には

トキワ荘の建物は既になくて

話できいただけだけど

 

いまはこじんまりした商店街は
昔は人が多くてまっすぐ歩けないくらい

にぎやかだったらしい

 

 

 

そんなふうに

 

自分たちも周りもにぎわう場所

 

つくろう

 

f:id:kira_kira_boshi:20200323083206j:image

 

明日も会えるとは限らない

昨日の朝

 


後輩が出勤してこなかった

 

 

 

割と大体定時ギリギリに来て

 


時々上司に「ちこくー」て言われてるから

 


5分位は気にしなかったけど

 


10分過ぎてメールの連絡もない

 

 

 

「あれ?」

 


寮から事務所まで徒歩10分の距離なのに

 

 

 

上司がスマホに電話して

 


30分経っても出ない

 

 

 

「万が一があるといけないから」

 


て上司が寮に見に行ってくれて

 

 

 

30分後に打ち合わせの予定だったから

 


「すぐくるかな?」

 


て思ってた

 

 

 

 


こない

 

 

 

 


打ち合わせの時間ギリギリに

 


上司から連絡が来た

 


「管理人さんに部屋の鍵開けてもらったけど、チェーンかかってて入れない」

 


「イビキが聞こえるから20分位ずっと声かけてるけど起きない。

なんか手がないか、周りの人の知見借りてくれない?」

 


なにそれー寝すぎーどうしましょー?

 

て笑ってたら

 

 


そばで聞いていたベテランさんが

 

 


「それ あぶないかもしれない」

 


え?

 


「ずっと声かけても起きないてことは、

起きられないんだよ。

脳がやられてる可能性あるから早く見ないと」

 

 


え?

 


うそ?

 

 


現地にいた上司に救急呼んでもらって

 


救急がくるまでにチェーンを開けられないか

 


事務所の中 工具探してまわって

 

 

 

 

 

 

救急隊が部屋に入った時には

 

 

 

後輩の意識はなかったらしい

 

 

 

 


上司も救急車に乗り込んで

 

 

 

電話がくるたびに気になって

 

 

 

病院に付き添った上司から届いた診断結果は

 

 

 

 


「脳内出血」

 

 

 

 

 

 

 


信じられない

 

 

 

前日まで元気にしてた

 


部で最年少の後輩

 

 

いままでそんなそぶりなかった

 

 

健康診断だって特段悪いところもなかった

 

 

10数時間前までいつも通りだったのに

 

 

 

こんなことになるなんて

 

 

 

ICUに運ばれた


後輩の目が覚めた


て連絡はまだ来ない

 

 

 

 


いまこの文章を書くことが適切かわからない

 

 

 

けど

 

 

 

 


今日あえたから

 


 


明日もあえるとは限らない

 

 

自分もだれかも

 

 

 

 

だから

 

「いま」を後悔しない様に

 

 

 

 


まさか

 


後輩から教わることになるとは思わなかった

 

 

 

 

 

 

みんな十分実感したから

 


早く帰っておいで

 

 

 

 


お彼岸だからって

 


向こうに行くのはまだ早い

 

 

 

こっちは春の光で溢れてるよ

 

f:id:kira_kira_boshi:20200320220338j:image