kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

ミナ ペルホネン展「つづく」

f:id:kira_kira_boshi:20191124122605j:image

ミナ ペルホネン

 

北欧のマリメッコにインスパイアされた

テキスタイルからの服づくりにはじまり

さまざまなプロダクトデザインを通して

空気感をつくるブランド

 

森ガールスタイルが似合わないからそのお洋服を纏ったことはないけど

そのデザインはすごく好き

 

その展覧会に清澄白河東京都現代美術館へ。

 

f:id:kira_kira_boshi:20191124122733j:image
f:id:kira_kira_boshi:20191124122736j:image

 

入り口からかわいいテキスタイル

お洋服の数々

 

ミナペルホネンの洋服は

持ち主が大切にしたくなる服

 

f:id:kira_kira_boshi:20191124122916j:image
f:id:kira_kira_boshi:20191124122913j:image
f:id:kira_kira_boshi:20191124122910j:image

 

展示を見ていて

ふと思ったのが

 

"企画やデザインは

記憶のパッチワーク"

 

このところ、イベントや展示会の企画や

パフェのデザインを考えたりしているのだけど

そのどれも、だれかの記憶の中のピースを組み合わせできたパッチワークなんじゃないか?

 

そう感じた似たような感覚を代表・皆川さんの本の中に見つけてちょっとうれしくなった。

「僕は見慣れてるものの中にこそ、新しい素が隠れていると思う。

それを探してデザインをおこすのが、自分には合っている。

 

そうしてできた布の存在感が、新しいとか古いとかの時間の枠から外れて、個人的な好き嫌いの枠の中で気に入ってもらえたらと、いつも願っている。」

by.皆川明の旅のかけら

皆川明の旅のかけら

 

ミナのように自分たちがつくったものが好まれたら嬉しいなあと思った企画展でした。

 

https://mina-tsuzuku.jp