kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

七夕 星に願いを書と茶会

f:id:ambivalence-sirius:20190708020511j:plain

 

七夕に星に願いを込めて、

 ×  ×  のイベント

七夕 星に願い書と茶会

開催しました。

 

星の時間

七夕は

秋の豊作を祈る日本古来の神事と

織姫(織女)と彦星(牽牛)の伝説

芸事・書道などの上達を祈る中国伝来の行事・乞巧奠

があわさって生まれたと言われています。

 

七夕伝説では

織物上手の「織姫(織女)」と

働き者の牛飼い「彦星(牽牛)」が

出会い、夫婦となるも、新婚生活にかまけて仕事をしなくなり

織姫の父である天帝の怒りをかい

天の川によって引き裂かれてします。

織姫と彦星は真面目に働くことを条件に

年に一度、七夕の日だけ

天の川を渡って会うことを許されました。

 

そんな織姫星と彦星

夜空では

こと座のベガ

わし座のアルタイル

と呼ばれています。

f:id:kira_kira_boshi:20190610232703j:plain

 

織姫と彦星が天の川を渡る際に

二人の為に橋をかける

はくちょう座のデネブとあわせて

夏の大三角

とも呼ばれています。

 

そんな星の世界に思いをはせながら

願いを短冊に込める。

 

書の時間

「願い」てあらたまって聞かれると言葉にしづらいもの。

まずは自分の中にどんな「願い」があるか向き合うところから。

 

筆を持って紙に向かいながら自分の願いと向き合う

f:id:kira_kira_boshi:20190708011615j:image

みなさん真剣。

 

「すごく集中して、瞑想みたい」

て声も上がったくらい

書と向き合う時間は自分の内面と向き合う時間そのもの。

f:id:kira_kira_boshi:20190708011657j:image

 

そうして言葉にした願いを短冊へ

f:id:kira_kira_boshi:20190708011718j:image

 

 

茶の時間

集中したあとは、お茶とお菓子でほっと一息。

f:id:kira_kira_boshi:20190708011739j:image

 

今回のお菓子は七夕にちなんで

主菓子:銀河

宇宙をイメージしたバタフライピーの錦玉寒の中に

彦星の飼っている牛の乳が流れてできた天の川銀河をイメージした牛乳寒を忍ばせて。

 

干菓子:おいり

嫁入りの際にもたせたという香川の伝統的お菓子おいり。

五色の短冊カラーの米菓子は、長年の憧れ・瀬戸内に行った時に出会った一品。

口に入れるとふわっとなくなる感じが好評でうれしい。

 

 

星の時間ふたたび

さて、晴れていれば星空を見上げて...

でしたが、あいにくの雨模様。

ということで、七夕の星空案内と擬似宇宙旅行

f:id:kira_kira_boshi:20190708011833j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190708011837j:image

 

織姫星と彦星

べガとアルタイルは実は◯◯光年も離れてる...

なんて話で盛り上がり

 

最後は短冊を持って神社へ。

f:id:kira_kira_boshi:20190708011900j:image

 

 

終わりに

「願い」てあらたまって聞かれると

言葉にしづらいもの。

でもこうして機会を作って

自分の中にどんな「願い」があるか向き合って

顕在化させることで

それを強く意識して

現実化しやすくなります。

参加して頂いたみなさんの願いが

星に届いて現実に現れますように。

f:id:kira_kira_boshi:20190708114939j:image

 

 

ちなみに、私が書いた願いは

「好き・得意を循環させて生きる」

 

今回のイベントのように

各人の好き・得意を掛け合わせて

素敵な時間にできたらと思います。