makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

分身ロボットカフェDAWN 〜ちょっと未来のカフェに行ってみた〜

分身ロボットカフェDAWN

f:id:kira_kira_boshi:20181206004459j:image

 

それは

テクノロジーであらゆる人が社会に参加できる未来の実験場。

 

身体の障害・ALS等の難病によって

普段は身体を動かすこと・自由に外出することが難しい人でも

OriHimeという分身ロボットを通して働ける場所。

自分の分身を通して外の世界とコミュニケーションを取れる場所。

 

そんなちょっと未来のカフェへ行ってみた。

arca-gia.com

 

 

分身ロボットてナニ?

このカフェの名前にもなっている

”分身ロボット・OriHime”

”ロボット”ときいてイメージするような人工知能は搭載していない。

代わりに人間が動かす。

 

病気や身体的理由で外出できない人

さまざまな理由で学校に行けない子

家庭の事情、身体的事情で出勤できない人...

そんな人たちのまさに”分身”

f:id:kira_kira_boshi:20181019124229j:image

 

いざカフェへ

テーブルにオーダーにとりきてくれたのは

かわいい猫耳をつけたOrihime-Dスタッフの史子さん。

今日は島根から遠隔操作。

f:id:kira_kira_boshi:20181206004546j:image

 

メニューから飲み物を選んでオーダー表に書いてお渡し。

f:id:kira_kira_boshi:20181206004617j:image

 

史子さんが持ってきてくれたらジュースを飲みながらお話ししてたら、

小さいサンタに扮したOriHimeスタッフのマサさんもテーブルに遊びに来てくれた。

f:id:kira_kira_boshi:20181206004712j:image

 

史子さんもマサさんも、このカフェのOPENにあたって、初めてOriHimeを使うようになったそう。

初めての人でも安定して使えててすごい。

 

今回のカフェは1日に何十人もお客さんが来ているから、

大変なことありました?てきいたら

それよりも

「普段会えないたくさんの人にあえて楽しい」てきいて、

なんだか私も嬉しい。

 

 

終わりに

今回、OriHimeにスタッフで入られたみなさんは日常的に介助を必要として

身体を自由に動かすことは難しいけれど

”分身ロボット”というテクノロジーを使って社会に参加することができる。

f:id:kira_kira_boshi:20181206005644j:image

 

”一緒にお茶をして楽しい時間を過ごす”て身近なところから

ちょっと未来が見えて来ました。

 

 

そんな分身ロボットカフェDAWN@虎ノ門

クラウドファンディングによる予約は終了したけれど

当日券もあるみたいなので気になる方はぜひ。

※12/7までの期間限定

arca-gia.com

 

 

おまけ

今回のイベントを知るきっかけになったのは、

OriHimeを開発しているオリイ研修所の6周年イベント。

 

人と人をつなぐ。

できなかったことをできるようにする。

そんなオリイ研修所に興味を持ったらこちらもおすすめ。

www.makonavi.com