makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

オリイフェス2018

 

f:id:kira_kira_boshi:20181019123344j:image
できなかったことをできるようにするロボット・OriHime


そのOriHimeを開発したオリィ研究所の6周年記念の"オリィフェス2018"にいってきた。

camp-fire.jp

 

 

 

◯OriHimeて?


"ロボット"てきいたら

ASIMOみたいな人工知能を持ったロボットをイメージが強いのだけど

f:id:kira_kira_boshi:20181019123202j:image


OriHimeは人工知能を搭載していない。

動かすのは人間。

なぜならOriHimeは

人と人をつなぐ分身ロボットだから。

f:id:kira_kira_boshi:20181019124229j:image

 


病気や身体的理由で外出できない人

さまざまな理由で学校に行けない子

家庭の事情、身体的事情で出勤できない人...

 


行きたいところに行けない人のための分身

OriHime。

 


OriHimeという分身を通して

ヒトとつながる。

外の世界とつながる。

いままでできなかったことができるようになる。

OriHimeはココロの車椅子。

 

 

 

○OriHime開発の原点


OriHimeの原点は開発者オリィさんの体験

f:id:kira_kira_boshi:20181019123524j:image


折り紙大好きオリィ少年は、小学校から中学校にかけて学校に行けなくなった。

 


家で折り紙をするか、ゲームするか、寝るかの生活。

人から何かしてもらうばかりで、自分は何もできない。

「ありがとう」を言われることのない無力感でいっぱいになって、人と関わらなくなり、人と話すことも上手くできなくなる。

そうして余計に人前に出られなくなる。

「孤独の悪循環」

 


転機はお母さんが申し込んだロボコン

ロボコンをきっかけに外の世界に出て、のちに師匠と呼ぶ人に出会う。

 


そして、師匠にすすめられて訪れた特別支援学校で車椅子と車椅子ユーザーと出会う。

 


目が悪い人が眼鏡やコンタクトで視力補うように、歩行が難しい人は車椅子が足の代わりになる。

そう思っていたけど、そんなことなかった。

他の人より目線が下がるし、ちょっとした段差も乗り越えられなかったりする。

車椅子を使っている人たちは「そんなもんだよ」て言ったけれど...。

 


そこからはじまった最高の車椅子づくり。

 


この車椅子は結果的に高校生による自由研究コンテストで優勝し、科学のオリピックと呼ばれる世界大会に出場。

日本勢初となる3位入賞する。

 


しかし、そこで感じたのは

「これじゃない」

 


ものづくりは楽しいけれど、

死ぬ瞬間まで車椅子を開発したいわけじゃない。

 


行き着いたのが

「孤独をなくす」ということ。

 


足が不自由な人が

他の人に迷惑をかけたくないから家から出なくなるように

 


迷惑をかけたくない。

人から何かしてもらうばかりで、自分は何もできない。

そう感じてしまうことからはじまる「孤独」

 


その孤独を解消する。

それが自分のやりたいこと。

 


そこから生まれたのが

行きたいところに行けない人のためのココロの車椅子

分身ロボット

f:id:kira_kira_boshi:20181019123654j:image

 


孤独をなくす

ただそれだけを追い求めて。

 

 

 

○これから

 


OriHimeで会社とつながって仕事をするテレワーク

orihime.orylab.com


 

 

障害がある人の体の機能をシェアNINNIN

youtu.be

http://bodysharing.net/

 


OriHimeで宇宙と地球をつなぐ

SORAへのかけはし

OriHimeスペースフライトプロジェクト

 


人と人をつなぐ

できなかったことをできるようにする

 

オリイさんと仲間たちの挑戦

気になる。

 

次はOriHime cafeに行ってみよ。

www.makuake.com

 

オリイさんの話もっと知りたい人はこちらからも。

「孤独」は消せる。

「孤独」は消せる。