makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

困っている人を応援する方法〜polcaという選択肢〜

友達や知り合いが困ってる

 

SNSを通じてそんなことがわかりやすくなった。

 

「何かできることあるかな?」

 

直接たずねればいいのかもしれないけど、

今回の災害みたいに、すごく大変そうな時はたずねるのも気兼ねしてしまう。

 

もし困っている人やその近くの人が

「こんな風に困ってるから支援してほしい」て声を上げてくれたら動きやすい。

 

今回、それを体現してくれたのが

polca(ポルカ)だった。

polca.jp

 

polcaとは

「あの子のお誕生日のお祝いをしたい」とか

「体調崩したあの人に美味しいものを食べさせたい」とか

やりたいことを思いついたら企画を立てて

必要な金額を友達同士で支援し合うためのサービス。

 

f:id:kira_kira_boshi:20180712082446j:image

f:id:kira_kira_boshi:20180712082451j:image

f:id:kira_kira_boshi:20180712082459j:image

 

今回、友達が

「家が冠水してしまった友人を支援したい」

「地元を支援したい」てpolcaをSNSでシェアしていて思わず支援した。

f:id:kira_kira_boshi:20180712084700j:image

 

polcaのいいところは

支援する側として

・polcaのサービスを使うことで、相手にお金を直接渡すより実行する支援のハードルが低い。

・小額(最低金額300円〜)から支援できる。

直接現金を渡すとなるとちょっと心のハードルが高いけど、アプリを介して、小額からならハードルが低くて支援しやすい。

 

支援受ける側として

・支援が直接受け取れる。

・支援の気持ちがみえてうれしい

(お金で支援できなくても、シェアするだけでも支援になる)

 

これが成り立つのは、polcaを立ち上げた人やシェアしてくれた人に信用があることが前提だけど、困った時に助け合うハードルをpolcaという選択肢が下げてくれたと思う。