makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

いま池袋✖️本がアツイ ~池袋で本と出会おう~

 

f:id:kira_kira_boshi:20170829204853j:plain

 

最近、どんな本を読んだ?

 
その本はどうやって出会った?

 


「この本をチェックしよう」て明確に決めてる時もあるけど、

ふら~と本屋さんに寄りたくなる時もあるよね。

 


そんな時、手に取りやすいのは

読んだことのある著者さんや売り上げランキングにのってる本。


安定感はあるけど、

「新しい本と出会いたいな」てときに

おすすめの場所が 池袋

 

オススメその1
梟書房

f:id:kira_kira_boshi:20170803080438j:plain
 

www.doutor.co.jp

 

珈琲を愛する菅野さん(神乃珈琲社長、ドトール・星乃珈琲店プロデューサー)と

本を愛する柳下さん(かもめブックス店主)の偏愛から生まれたブックカフェ

「梟書房」

 

店内の本棚からお気に入りの本を選んでこだわりの珈琲と一緒に楽しむ。

 

私のオススメはカフェに併設された「ふくろう文庫」

ここで売っている本は全て表紙が見えない。

 

カバーが掛かっていて中身が見えないから、

わかるのは本に添えられた「本に潜む魅力」を伝えるメッセージ。

そのメッセージをヒントに「コレ」て一冊を選ぶ。

 
買って、開けて、読み始めるまでのワクワク感。

 
今回の私の一冊はコレ。

f:id:kira_kira_boshi:20180524002830j:image

「この世の中で自分の立ち位置を知るための一冊」

 メッセージに惹かれて手に取ったよね。

 

この本、もし表紙が見えた状態だったら、きっと手に取らなかった。

 

すごく有名な著者さんだけど、私の中ではあんまり良い印象がない。

 

でも、読み始めて、引き込まれて、一気に読みきってしまった。

 

エンタメの世界でポジションを築いた著者さん。

(西野さんじゃないよ)


その道で売れるためには

「自分の教科書をつくれ。」

「自分なりの方程式をつくれ。」

「負ける戦はしない」


その考え方、行動は、分野が違っても当てはまる。


良い意味で想定外の出会いたのしい。

 

「行ってみたい」て人は池袋駅直結のEsola 4階へ。

www.doutor.co.jp

 

 

オススメその2

天狼院書店

tenro-in.com

 

「本」だけでなく「その先にある体験」

「READING LIFE」を提供する天狼院書店。

 

本を読むだけでなく

ライティングやマーケティングなどのゼミも定期的に開催している

本を通した体験の場所。

 

私のオススメは先程のふくろう文庫と同じように表紙の見えない本。

その中でも「秘本」と呼ばれる本がある。

 ①タイトル秘密です。
 ②返品できません。
 ③他の人には教えないでください。

詳しいことは言えないけど、今回の秘本も気になる。

 

http://tenro-in.com/wp-content/uploads/2016/10/400x300xcda9c21b938397920aa8b3844223c431-400x300.jpg.pagespeed.ic.ZJEOS3Xvel.webp

 

ここは店員さんと「こんな本読みたいんです」なんて会話するも楽しい。

 

池袋に3店舗。

上で紹介した梟書房と同じEsolaにビジネス書専門店(ここは秘本はなさそう)もOPENしたのではしごも楽しそう。

tenro-in.com

 

オススメその3

BOOK AND BED TOKYOf:id:kira_kira_boshi:20180524001851p:plain

bookandbedtokyo.com

 

いまや全国展開している「泊まれる本屋」の始まりの場所。

元は芳林堂書店という本屋さんのビルだった所の跡地にできたこのホステル。

 

 

本屋巡りした後に本に囲まれて眠る

なんて本好きにはたまらない。

 

bookandbedtokyo.com

 

最後に

ジュンク堂書店三省堂書店のような大型書店から上にあげた個性派書店まで、

いま池袋✖️本がアツイです。

 

次のおやすみは池袋でBOOK SPOT巡りして

素敵な出会いを楽しみませんか?

 

 

「いいね」て思ったらコメント頂けるとよろこびます🌟

https://letterpot.otogimachi.jp/users/788