makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

言葉を定義することは世界を定義すること〜落合陽一の夜会レポ〜

f:id:kira_kira_boshi:20180425120708j:image

 

現代の魔法使い・落合陽一さんのトークイベント「落合陽一の夜会」

 

落合陽一さんとは

筑波大学学長補佐でありデジタルネイチャー研究室研究室主催

ピクシーダストテクノロジー代表...etc肩書きだけでも山盛りなデジタルアーティストという枠を超えた人。

 

そんな落合さんの最新刊「10年後の仕事図鑑」出版を絡めての今回のトーク

 

スマホの普及で大きく変わったいま。

5年後世の中は圧倒的に多様になっている。

 

そこで大切なのは「自分はどうするか」

 

自分のピタリとはまるナニカを見つけた瞬間オファーが殺到する。

 

そんな話の中で印象的だったのが、落合さんの「言葉の定義」への姿勢。

 

質問タイムであがった

「世界平和を実現するためにはどうしたら良いか?」て質問。

落合さんの言葉は

「あなたの世界平和の定義は?」

 

「世界平和」ときいて、思い浮かべるのは人それぞれ。

不慮の怪我や病気以外で人が亡くなることのない世界を世界平和と言う人もいれば、世界中の人が同じ信仰を持つことを世界平和と考える人もいるかもしれない。

どれが良い悪いでなく、その言葉をどう定義しているか?

そう問いかける落合さんの目は鋭かった。

 

たしかに、落合さんは著者の中で注釈が本全体の1/3になるくらい、自分の言葉を細かく定義する。

(本人にとってはそれでも細かくないのかもしれないけれど)

 

言葉の定義は自分の考えの定義そのもの。

自分の使う言葉が自分の世界をつくる。

 

小さい頃、「言葉には言霊が宿るから使う言葉に気をつけなさい」と言われたけれど、まさに言葉には自分の魂がこもる。

 

言葉を定義することは自分の世界を定義すること。

普段気にしないで、ふわっとしたイメージで選んでいる「言葉」

ちょっと自分の発する言葉を見直してみよう。

 

 

 

 

「いいね」て思ったら感想いただけたらうれしいです🌟

letterpot.otogimachi.jp