makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

京都茶の湯旅 〜前編〜

何度も訪れている場所でも

テーマを持って旅すると今までと違う体験が味わえる。

 

f:id:kira_kira_boshi:20181028161810j:image

アバンギャルド茶会のみなさまと歩く京都ツアー

テーマはズバリ茶の湯

 

茶の湯

といえば千利休

千利休は戦国時代に活躍した茶人。

「侘び寂び」の美を広めたプロデュース力で

信長や秀吉などの武将に一目置かれるも、

最後はその影響力を恐れた秀吉に切腹を命じられて亡くなる。

 

そんな利休さんの縁の地を訪ねる今回の京都旅。

 

最初の目的地は

待庵 

f:id:kira_kira_boshi:20181028162042j:image

京都駅からJR京都線15

サントリー山崎蒸溜所で有名な「山崎駅」の駅前。

f:id:kira_kira_boshi:20181028161843j:image

待庵は日本最古であり、千利休作の現存する唯一の茶室。

天正10山崎の戦い(羽柴秀吉VS明智光秀)の時に秀吉によって山崎に呼ばれた千利休がつくったとされる庵。

いまは 臨済宗東福寺派に属する妙喜庵の敷地にある。

 

茅葺き屋根と土壁で作られた待庵。その広さは畳2枚分。

余分なものは削ぎ落とし、亭主と客が相対するためだけの空間。

f:id:kira_kira_boshi:20181028161941j:image

誰もが同じくこうべを垂れる「にじり口」と呼ばれる入り口や、

薄明かりの空間は利休さん以後の様式。

つまりいまの茶室の原型。

 

畳2枚分の広さってきいたら狭そうなイメージだけど、斜め天井や窓のおかげで心地好さそう。


利休さんが活躍したのは戦国時代。

今日、茶の湯をともにした人とまた会える保証はない。

歴史の教科書に名を残した人もそうでない人も

ここで「一期一会」の茶を味わってたのかな。

そんな場所が500年近くたった今も在るのがすごい。

 

残念ながら中には入れないけど、秀吉も踏んだ踏み石を一緒に踏んできました。

 

 

つづいてはお釜。

大西清右衛門美術館

f:id:kira_kira_boshi:20181028162158j:image

大西家は千利休が好んだ千家十色の釜師

約400年京都で茶釜を作り続けている。

www.seiwemon-museum.com

 

京釜鑑賞会を申し込むと

美味しいお菓子とお茶を頂いた後に

歴代の釜を解説してもらえる。

 

f:id:kira_kira_boshi:20181028184737j:image

普段茶釜見ることのないをたくさんの茶釜。

年代物に見えて実は新しかったり、新しそうに見えて実は古かったり。

好みの茶釜選びをするとてんでバラバラで面白い。

 

 

歩き回ったあとは

京の名物・豆腐料理

蓮月茶や

f:id:kira_kira_boshi:20181028162257j:image

rengetudyaya.gorp.jp

 

美味しい料理と今日一日の思い出話を肴に楽しい時間。

生麩&生湯葉美味しい。

 

 

お腹が満たされたら宿へ。

今回の宿は京町家。

風情があって素敵。

f:id:kira_kira_boshi:20181028162325j:image

 

 

お風呂は近くの銭湯・梅の湯へ。

f:id:kira_kira_boshi:20181028162344j:image

なんとも言えないレトロ感。

きけば廃業寸前の銭湯を20代の今の店主が引き継いだそう。

だからか要所要所に遊び心があっておもしろい。

 

お風呂上がりは関西名物冷やしあめで。

f:id:kira_kira_boshi:20181028162640j:image

 

 

そんなこんなでたっぷり楽しんだ茶の湯旅1日目終了。