makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

未来食堂〜やりたいことがある人は来てください〜

f:id:kira_kira_boshi:20180129232739j:image

本の街・神保町にただでゴハンが食べられるお店がある

その名は「未来食堂」
本屋さんでその存在を知ってから気になってたこのお店に行ってみた。


カウンター12席の小さなお店。

ランチタイム、席についてすぐにお膳が出てくる。

この日のメインは魯肉飯(ルーローハン)あったかいご飯と一緒に美味しい。

品数も豊富でバランス偏りがちな外食派にうれしい。

f:id:kira_kira_boshi:20180129231935j:image

店主せかいさんはとってもキビキビ。
お客さんの入店の気配を感じ取って御膳を用意して、席に着いたらすぐに食べられるからランチタイムに制限のある会社員にはうれしい。

 

この小さなお店はいろいろ変わってる。

昼のメニューは一日一種類。

夜のメニューはお客さん一人一人の「ふつう」の味をあつらえる。
お店の中にはひとりの店主と「まかないさん」と呼ばれる人たち。
まかないさんはアルバイトさんでもパートさんでもない。
50分まかないさんとして働いたら一食 食べられる。

それが「ただでゴハンを食べられる」てこと。
その一食券をその場で使っても良いし、だれかの為に残して行っても良い。

f:id:kira_kira_boshi:20180129231957j:image

お店の前にはそんな「誰か」たちの残して行った食事券が置いてある。

まさにpayforward。

 

お金がなくてお腹が空いてたらここでお皿洗いしていけば一食は食べられる。

そんな「誰もが受け入れられ、誰もがふさわしい場所」

それがこのお店の理念。

 

大事なことは「誰もが受け入れられ、誰もがふさわしい場所」

そのやりたいことの実現の場が「未来食堂」

だから店主のせかいさんには「飲食店だからこう」みたいな既成概念はない。

 

「自分がやりたいことは?」

「その当たり前は本当に必要か?」

「大事なこと以外はしない」


一所懸命考えて自分なりに腹落ちさせた、ぶれない軸をもつ。

 

そんなせかいさんが書いた一冊

 飲食店に限らず「やりたいこと」がある人に読んでみてほしい。

 

ちなみに未来食堂でこの本を買うと食事券がついてくる。

f:id:kira_kira_boshi:20180130000610j:image

本を買うと一食食べられる。

おもしろい仕組み。

 

本もゴハンも気になる人はぜひ神保町へ。

miraishokudo.com