makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

房野さんの歴史ライブ〜幕末のロックな人・吉田松陰〜

f:id:kira_kira_boshi:20171218124006j:image

房野さんの歴史ライブ幕末編vol.2

 

天下泰平からの黒船来航

日本「なんか黒いのきたー!!」
ペリー「大統領カラノ手紙ウケトッテヨ」

f:id:kira_kira_boshi:20171218124155j:image

日本「貿易だけは勘弁!」
日米和親条約

欧「ヤッパリ貿易シタイヨ!」
日米修好通商条約

までが前回

 

今回は「戊午の密勅」からの安政の大獄

 

南紀派VS一橋派の将軍後継争いを制した大老井伊直弼
井伊政権は後押しする南紀派・慶福を将軍後継候補にして勢いづき、天皇の許可(勅許)なしで日米修好通商条約を結ぶ。
これに反発した反対派は江戸城に乗り込むが結果、謹慎・隠居処分となる。

 

井伊派「邪魔者を抑えたー。安泰...」と思った矢先、朝廷からのお手紙「戊午の密勅」
戊午の密勅を要約すると
「何勝手にやってんの?みんなで話し合いなよ。」

井伊派「みんなで話あっちゃダメじゃん!反対派の仕業か!こざかしい!」
てことで反対派の弾圧がはじまる。

 

制しようとした四賢公・島津斉彬の急死もあり、井伊派の勢いが止まらず反対派の弾圧が加速
安政の大獄

 

安政の大獄では数多くの人が犠牲になったのだけど、その中でも印象的だった吉田松陰さん。

 f:id:kira_kira_boshi:20171218124543j:image

吉田松陰松下村塾高杉晋作とか幕末の志士達を育てて、大河ドラマで伊勢谷さんが演じたくらいしかイメージなかったけど、今回一番気になったのはこの人。

 

9歳で長州藩の藩校の兵学師範(先生)になり、11歳で藩主・毛利忠親に認められる、19歳で独立師範(教授)へ。
て、ここまでは早熟の秀才な感じだけど、実はロック。

 

友との約束を守るために脱藩したり(その当時の脱藩は重罪。松蔭さんも自宅謹慎処分に)


黒船に密航としたり(脱藩がダメなくらいだから、海外なんてもってのほか。)


こうと決めたら貫くロックさがスゴイ。

 

黒船密航はペリーに断られて断念。
松陰さんは藩に自主し、萩の野山獄へ。

牢に収監されたらさすがに凹みそうなもののなんだけど、
松陰さん「これで書物を思う存分読めるー」
てなって、そのうち松陰さん
「この間読んだ本でねー...」て講義をはじめだす。
はじめは相手にしなかった牢の中の人達も
「あんまり熱心だからちょっときいてみるか。あれ、なんかおもしろいな」
てなって、そのうち看守までききだして、さながら吉田塾。

 

それだけでもすごいけど、松陰さんがすごいのは教えるに留まらないところ。


牢の中で和歌が上手い人がいたら
「あなたの和歌すごいですね/私を弟子にしてください!」
絵が上手い人がいたら
「あなた絵が上手いですね!私を弟子にしてください!」


そのうちみんなが何かしらの先生になって、みんなで教え合う。

 

ひとの得意、才能を見出して、オーディエンスからパフォーマーにかえる。
教えあうことでそれぞれの得意に磨きがかかる。

全員パフォーマーで、全員オーディエンス。
そんな環境をつくるってすごい。


"狂愚まことに愛すべし、才良まことに虞るべし
諸君、狂いたまえ"by.吉田松陰

 

狂うほどに熱中せよ、
まずは行動しろ

 

松陰先生がいまの日本をみたらどう思うだろう。
きいてみたい。

今度松陰神社へ行ってみよう。

http://www.shoinjinja.org/sp/

 

豪徳寺(井伊直弼菩提寺)も一緒に歴史散歩なんていかがですか?

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/149/641/643/d00006127.html

 

※「」の中の台詞はイメージです。