makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

アートの楽しみ方 〜その①〜

 f:id:kira_kira_boshi:20171105215209j:image

ヨコハマトリエンナーレ2017の最終日にかけこんできた。

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

 

横浜美術館、赤レンガ倉庫、横浜開港記念館...作品を巡るたびに「これ好き」「これは違う」て、自分の感覚がはっきりする。

 

「この感じ好き」「この色合い好き」から

「ハッピーエンドが好き」「明るい草花アクリル絵の具みたいな色が好き」て...

f:id:kira_kira_boshi:20171105215520j:image

 

そんな中、「そうきたか」て思うものに出会うと「ここにこられて良かった」て思う。

 

今回の作品の中だとラグナル・キャルタンソンさんの《ザ・ビジターズ》。

 f:id:kira_kira_boshi:20171105215433j:image

会場に入った瞬間「おぉっ」て驚きと「そうきたか」て感覚に嬉しくなる。

別々の場所で音を奏でてた人たちがやがて一つにつながる。

言葉で言ってしまえば、それまでだけど、それを体感すると「すごい!」てなる。

 

なかには「好き」とは言い難いけど、感じ入るものもある。

それは「自分はこういう時こんな感情を抱くんだな」て確認材料にすればいい。

 

アート、特に現代アートは「どう楽しんだらいいかわからない」て声をききやすい。

スタッフさんに「どうしたらいいの?」て聞きたくなる人は、こんな風に自分の感覚を確認する材料として楽しむってのはいかがでしょう?