makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

京都茶の湯旅 〜後編〜

2日目のはじまりは朝茶から。

 

西行

肌寒さを感じる朝靄の中

西行法師 終焉の地に建てられた西行庵へ。

f:id:kira_kira_boshi:20181028182823j:image

西行法師への献茶・献香からはじまるピンっとした空気の中、

小堀遠州流に由来する円位流のダイナミックなお点前にちょっとビックリ。

同じお茶でも流派が違うとお点前も随分違って新鮮。

saigyo-an.com

 

f:id:kira_kira_boshi:20181028182917j:image

お茶を頂いたあとは

離れ・皆如庵で庵のお話を伺う。

皆如庵は秀吉の五大老宇喜多秀家の孫娘の輿入れの引出物として持参した茶室。

(結婚の引出物が茶室ってさすがお姫様)

 

この庵、今まで見た茶室とはなんだか違う雰囲気。

f:id:kira_kira_boshi:20181028184936j:image

お点前する亭主の姿がアーチの奥に隠れていてまるで教会の懺悔室みたいだし、

f:id:kira_kira_boshi:20181028184945j:image

普段は並ぶはずのない貴人口(身分の高い人の出入口)とにじり口が並んでいたり、

ちょっと変わってるなーて思ったら、

元をたどるとキリシタン大名高山右近が作らせた庵らしい。

 

教会の懺悔室って印象はまさにそのものだし、

身分の高い人も庶民も神のもとでは皆平等って姿勢が現れたものらしい。

キリスト教の弾圧によってその由来をずっと伏せられてた。

なんて聞くとなんだかワクワクする。

 

朝満喫して朝食を食べたあとは

茶道資料館

 -裏千家ホームページ 茶道総合資料館 トップページ

 

ちなみに利休さんの後継者たちが興した三千家のうち

表千家裏千家は茶道資料館のすぐそばなので帰りにふらっと門構を見ていこう。

 

裏千家・兜門

f:id:kira_kira_boshi:20181028183031j:image

 

表千家・表門

f:id:kira_kira_boshi:20181028183105j:image

 

このあたりは茶道具やお菓子を扱っているお店がちらほらあるから、のぞいて回るのも楽しい。

 

そして最後の目的地

樂美術館

f:id:kira_kira_boshi:20181028185211j:image

その名の通り樂やきの樂家の美術館。

唐物の器が広く好まれていた時代に利休さんと組んで

「樂」というブランドを確立した樂家。

歴代の作品はどれも素敵。個人的には黒楽が一番好き。

樂焼 RAKU WARE|樂美術館 - ご利用案内

 

そんなこんなであっという間の茶の湯旅。

たのしかったー🌟

 

何度も訪れている場所でも

テーマを持って旅すると今までと違う体験が味わえた。

 

お土産に駅前で出町ふたばの豆大福買ってるんるんで帰りましょ。

f:id:kira_kira_boshi:20181028183229j:image

 

先生企画して頂いてありがとうございました。

 

www.ava-cha.com