makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

"うれしい"物語を描こう〜家入さんの話をきいて感じた〜

f:id:kira_kira_boshi:20170906120116j:image

 

家入一真さんの話を初めてきいた。
最初のイメージは「都知事選に出たちょっと変わってそうな人」。

そのイメージがガラッと変わった。
思ったよりもつたない言葉で、でもハッとする言葉たち。


「個人が立ち上がれる社会に。
小さな火を灯し続けたい」
「"お金がないから..."という言い訳をこの世からなくしたい。」
だからCAMPFIREというクラウドファンディングを立ち上げた。

 

「大きな夢を見過ぎない、遠くをみすぎて足元がおぼついてないか。
明日の自分に出来ることを考える。」

「困っている人が近くにいたら助けてあげたい。
相手がなんとかなるサービスは?
身近な誰かのために。相手に手紙を書くように、相手が喜ぶことをする。」

 

「誰かのために何かできるか?をやってみる。
何かをやっている人を手伝ってみる。」

 

「目先の利益を考えない。
人の付き合いも、目先の損得で付き合う人を決めない。
与えることが先。
Give&TakeでなくGive→Giveを回していく。」

 

「自分が何を与えられるか?
何を提供出来るか?
自分の物語のページを描く。
そうして変化の種が花開く。」

 

「"面白いからやる"
その先に見たこともないものが見えてくる。」

 

「やりたいことは言ってみる。発信する。
そこから繋がっていく。
ダメそうなら近そうな人に連絡する。
口に出せばヒントは来る。」

 

「理由を探す人はなかなか変われない。」

 

「まずは自分が徹底的に満足する。」


ちょっとだらしなくても、つたなくても、そんな言葉が出てくるてすごい。


身近な誰かの笑顔のために。
自分が何を出来るか?

"うれしい"や"ありがとう"をどれだけ提供できるか?

まずは自分の"うれしい"に敏感になって"ありがとう"を増やそう。

 

これからはITや新しい技術に仕事を取って代わられて、これまでの当たり前が当たり前でなくなる時代。

 

変化は不安だけれど、それを逆手にとって"うれしいこと""誰かのためにしてあげたいこと"で溢れる社会になると思ったら素敵だと思う。

 

"うれしい"物語を描いていこう。

 

https://camp-fire.jp/