makonavi

「なんか楽しいことないかな」て思ってるあなたへ贈る、ワクワクのカケラ。

思うは招く 〜植松努@TEDx〜

北海道でロケット作りをしている植松さん。 
そのTEDx✖️SAPPOROを見返してみた。 

宇宙開発は夢でなく"手段"と言う植松さん。 

宇宙との最初の思い出は"アポロの月面着陸" 

少年は"ロケットの仕事がしたい"と夢見る。 
しかし先生や周りの大人達にことごとく否定される。 

誰にも信じてもらえない、応援してもらえない。 
まるで"宇宙兄弟"のムッタのよう。 

やがて成長し、夢見る心を失い、 
合理性を追求する大人になり、事業も失敗。 

"売上が上がる"という言葉につられて青年会議所に入るも売上は上がらず。 

でもそこで"かけがえのない、知らなかった仲間"に出会った。 

まるで宇宙飛行士選抜試験で仲間に出会ったムッタのよう。 
「ここにいたんだ...」という印象的なあのシーン。 
もし植松さんが子供の頃に宇宙兄弟を読んでいたら、同じセリフを言っていそう。 

 

仲間と活動する中で様々な事情を抱えた子供達と出会い、子供の頃を思い出していく。 

あのころ言われた「どうせ無理」 
そう言われた人は自信をなくして、 
なくした自信の代わりに誰かの自信を奪うようになる。 

そんな負の連鎖を断ち切る。 
そのために"どうせ無理"をなくす。 

そのための"手段"がロケット開発。 

いまでは社員17人の会社に年間1万人も子供達が見学に来るそう。 
正直大変だろうけれど、子供達の心にはきっと"やってみよう"が芽生えただろう。 

"思うはまねく" 
夢を思い、まずはやってみよう。