kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

茶道

マリーアントワネット茶会

夏のお茶会 第一弾 マリーアントワネット茶会@星霜軒 マリーアントワネット×お茶? 洋の極み的な存在を和で表現するってどんなだろう? 毎回趣向を凝らしたお茶席と評判の星霜軒さん。 わくわく。 待合では美味しいヤマモモサイダー頂きながら、テーマに因ん…

水無月 〜最初のお茶の思い出〜

お茶をはじめて何年目かの6月 お茶を習いはじめて最初に頂いたお菓子が 「水無月」 旧暦の6月は夏の始まりの時期 冷房のない時代 夏を乗り越えるために 魔除けの意味の小豆を使って 氷に見立てたお菓子がこの水無月 この時期になると そんなお話を聞いて 「…

曜変天目 〜星と虹の輝きの茶碗〜

曜変天目 青と藍の星のような波紋 星が輝くような様から "曜変"と呼ばれるようになった茶碗 器の中をのぞくと 陽の光に照らされて 虹色の輝き 器の外側は 黒灰色の生地の上に とろっとした釉薬 ころっとして手におさまる感じがいい 世界に3つしか現存しない…

菜の花と江戸の名残を楽しむ春のはじまり

"自然をたたえ、生物をいつくしむ" 春分の日だからか 「菜の花が見たい」 て思いたって浜離宮恩賜庭園へ。 新橋駅から汐留駅を抜けてテクテク 大手門口から入ると橋の向こうに 菜の花畑 春色満開 菜の花の間を通り抜けるとフレッシュな菜種油のような菜の花…

茶 BARマイスターはじめます

「お茶を習ってる」ていうと 「すごいねー」 「興味はあるけどお稽古厳しそう」とか 「着物着ないといけないんでしょ」 とか言われることがしばしば。 「私は教わってる先生はそんなことないよー。」 「楽しいよー。」 て言うのだけど、 「お作法わからない…

お茶をはじめたきっかけ〜宇宙茶会〜

新年の初釜を終えて、 お茶を習い始めて8年目。 正直、もうそんなにたってるんだ(汗) 「何年目はこれくらいできて...」 みたいなのからしたら、 三歩進んで二歩下がって ずいぶんマイペースに 細く長く続けてきた。 ここまで続けてこれたのは "お茶の時間"が…

クリスマス茶会〜冬のおくりもの〜

今年も素敵なお茶の時間と出会えた アバンギャルド茶会の2018年最後のイベント クリスマス茶会 社中のお仲間でクリスマスにあわせたお茶会。 濃茶・薄茶・茶barの三席でおもてなし。 今回参加した薄茶席のテーマは ”冬のおくりもの” 本席ラインナップ 床 石…

出来たて和菓子と抹茶を楽しむ会

西荻窪駅からトコトコ 道沿いに気になるお店が並んでて のぞきたくなる気持ちを押さえて歩くこと約10分 江戸東京たてもの園にありそうな雰囲気の和洋館 一欅庵の 「出来立て和菓子と抹茶を楽しむ会」に行ってきた。 おひさま差し込む気持ち良い和室で 目の前…

紅葉の下で一服 〜茶籠散歩で心の栄養補給〜

気持ち良い晴れ間 茶籠にお道具を仕込んで 途中の和菓子屋さんで美味しそうなお菓子を買って 近くの庭園へお散歩。 木々がすっかり色づいて見事な景色。 贅沢な光景ながめながら 紅葉の下で一服。 一服のお茶を点てて いただく。 ただそれだけの時間 ゆっく…

アバンギャルドなお茶を 〜時代をつくるROCKな茶人〜

華やかさが好まれていた時代に「わびさび」てマイノリティを一代でメジャーにのし上げて、 その後400年以降続く茶の湯の基礎になった千利休。 まさに時代をつくったROCKな人。 今月の和樂はそのROCKさを現代に引き継ぐ"アバンギャルドな茶人特集" てことでい…

日日是好日

www.nichinichimovie.jp 20歳でお茶を習い始めた女性の お茶と共に過ごした日々を描いた 原作者:森下典子さんの自伝的物語の映画化ときいて お茶を習っているものの端くれとしてみてきた。 日日是好日とは その日一日をただありのままに生きる たとえ嵐の日…

納涼の夕べ@旧安田庭園

池からの風をうけながら 旧安田庭園で夕涼み お琴の音をききながら お茶を頂く。 昔の人はこうして夏を楽しんでたのかな。 今日もたのしい夕になりそうです。 http://visit-sumida.jp/osusume/19445/

和のあかりでちょこっとお茶を

目黒雅叙園で開催中の「和のあかり展」へ。 www.hotelgajoen-tokyo.com 目黒雅叙園の百段階段を上がると ほんわかしたり 圧倒されたり 素敵なあかりの数々。 特に素敵だったのが インスタレートアート集団Mirror Bowler www.facebook.com まるで極楽浄土の蓮…

待庵でお茶を 〜建築の日本展〜

国宝 待庵 茶の湯の礎を気づいた千利休のつくった茶室の中で現存する唯一の庵 京都 山﨑にある待庵を原寸大で再現した 「建築の日本展」@六本木 www.mori.art.museum 今宵は初々しい六本木 待庵を見ながらお茶を頂く素敵な時間を過ごしてきました。 待庵は…

二子玉川水辺茶会

気持ち良い秋晴れの文化の日。二子玉川の水辺の森、色づきはじめた樹々の下でお茶を一服。 430年前、豊臣秀吉が北野天満宮の境内でひらいた「北野大茶会」士農工商の身分がはっきりしていた時代、身分や茶道具の有無を問わず、茶の心を持つ者は誰でも参加で…

水無月 〜季節を感じるお菓子〜

今月のお稽古の茶菓子"水無月" 毎年6月になると出会うこのお菓子。 氷をイメージした形と滋養に良い小豆と餅の組み合わせ。 元は旧暦の6月に夏を乗り切る意味を込めてつくられたみたい。 このお菓子に出会うと また新しい夏が来たなぁて思う。 クーラーなん…

千里の道も一歩から

新しいことが出てくると、今まで出来てたことも戸惑ったりする。三歩進んで二歩下がる。千里の道も一歩から。http://www.ava-cha.com

週末の朝の過ごし方 〜ちょっと一服〜

ちょっとゆっくりめな週末の朝はいつもの珈琲にかえて抹茶。お茶碗もハロウィン気分🎃 "茶道"て聞くと敷居が高そうだけどお道具がそろってなくても抹茶と茶筅があれば楽しめます明日まで渋谷の西武で茶の湯イベントやってるそうなので、ハロウィン見物がてら一…

神無月の一服目 〜まずはTRY〜

神無月の一服目はじめはなにも知らないところからやってみて、知って、できるようになる茶器の位置も茶入の向きもやってみてはじめてわかるまずはTRY