kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

書のおもしろさ〜言葉にのせた想いをあらわす〜

今週末は今年一年を振り返って 「2019年を一文字で表す書と茶会」 一足先に私の2019年を表す一文字を書いてみた。 手帳と写真とSNSを振り返って 浮かんだ一文字「縁」 字の成り立ちを調べて より糸が続く感じを出したいな ておもって イメージする字をググっ…

ミナ ペルホネン展「つづく」

ミナ ペルホネン 北欧のマリメッコにインスパイアされた テキスタイルからの服づくりにはじまり さまざまなプロダクトデザインを通して 空気感をつくるブランド 森ガールスタイルが似合わないからそのお洋服を纏ったことはないけど そのデザインはすごく好き…

コムローイ旅vol.3すったもんだの旅の終わり

チェンマイ3日目最終日 朝ごはんは3日連続のカオマンガイ 毎日飽きずに美味しいってすごい! 来るときはちょっと心配してたけど、タイのご飯美味しい! カフェオレ飲んで一息ついたら帰国の途へ。 宿のみんなが見送ってくれてうれしい。 りかちゃん、タクシ…

コムローイ旅vol.2いざコムローイ

チェンマイ2日目 今日はいよいよコムローイ とはいえ、本番は夕方からだからそれまでチェンマイ美味しいもの巡り 朝ごはん 安定のカオマンガイ&美味しいドーナツとカフェオレ しあわせ。 朝満喫したらプチ観光 モン族市場 モン族の人たちのデザイン「かわ…

コムローイ旅vol.1チェンマイ満喫編

空に浮かぶランタンの灯り 映画「塔の上のラプンチェル」でみたあの光景に憧れてチェンマイ@タイへ。 旅のきっかけはいつものカフェ 世界一周トラベラー・こなちゃんとパフェ食べながら「次どこいきたい?」て話に やりたいことリスト眺めて 「コムローイみ…

REBORN ART FESTIVAL2019 四次元の賢治完結編

この夏をかけた REBORN ART FESTIVAL2019 最後のステージ 宮沢賢治×小林武史のオペラ 「四次元の賢治」 前回2017年の「四次元の賢治 第1章・第2章」につづく完結編 舞台のはじまりは小林武史さんのピアノから 一音奏でるだけで世界がはじまる 宮沢賢治のメ…

ものづくりの秋

この週末は和菓子づくり&菓子器づくり 和菓子づくり 練り切りの秋の花々 最初はお手本見て「かわいい」てなってたけど、三種類つくるのは思ってたよりハード 基本は練り切りで白餡を包んで 乾かないようにしつつ 手の水分も補給しつつ 形を整えてヘラで模様…

秋田夏旅番外編 十二湖

秋田を満喫した夏旅 最後の立ち寄りスポットは十二湖 十二湖とは? 白神山地の西側にある33の湖沼群。 江戸時代の大地震による崖崩れによって出来たと言われていて、 十二湖の名前の由来は崖山から見ると12の湖が見えたことによるそう。 その中でも特に有名…

秋田夏旅② 大曲花火競技大会

秋田旅2日目は秋田グルメめぐり 秋田グルメ はじまりは 生グソ 最初に聞いたとき 「なにそれ?」て思ったその正体は 「生グレープフルーツ氷ソフトクリームのせ」 グレープフルーツの他にもブルーベリーやネクタリンなどなど、いろんなフルーツがもりもり 秋…

秋田夏旅① 〜北秋田・縄文&カルデラ編〜

東北で唯一訪れたことなかった秋田 なまはげ と きりたんぽ くらいしかなかったイメージが一新した 秋田美人といく夏の秋田旅 北秋田編 旅のはじまりは大館能代空港から車ですぐのこちら 伊勢道岱遺跡 ここは約4000年前のストーンサークルを中心とする 縄文…

京大宇宙落語 in 丸の内

宇宙 × 落語 京大宇宙落語が初の東京講演 「明月記」が題材ときいて初参戦。 宇宙落語って? 宇宙好きで 落語好きな面々が寄り集まってできた同好会 「宇宙落語制作委員会」による落語会。 もともとは、宇宙に関連した異なる分野の連携と融合による新しい学…

REBORN ART FESTIVAL2019 番外編 ねこ島・田代島散策

アートフェス番外編・石巻観光 離島プチトリップ@田代島 田代島って? 石巻から高速船で30〜40分 人よりねこの方が多いと言われる 通称「ねこ島」 ねこが多いのはなぜ? 田代島ではかつて繭の生産が行われて、ネズミから繭を守るために猫が飼われ大切に…

REBORN ART FESTIVAL2019 vol.4 アート編 @雄鹿半島

REBORN ART FESTIVAL 本編ラスト リボーン・アートツアー@雄鹿半島 http://www.umimachi-sanpo.com/raf2019/raf2019-oshika-tour/ 雄鹿半島の5つのエリアのアートを一日かけて回るバスツアー ツアーのはじまり 石巻駅 地元のガイドさんに案内してもらいな…

REBORN ART FESTIVAL2019 vol.3 音楽編「転がる、詩」

REBORN ART FESTIVALの3つめのテーマ「音楽」 その象徴的なライブ 「転がる、詩」 https://www.reborn-art-fes.jp/music/korogarushi このフェスの実行委員長・小林武史さんのもと、 石巻に豪華なアーティスト達が集う豪華な夜。 トップバッター 青葉市子 …

《開催案内》月に想いを馳せる書と茶会

最近「お月見」しましたか? 昔から月は憧れの対象であり、また漁業・農業が生活の糧の暮らしでは、満月や新月など暮らしと密接に関わってきたもの。 けれど、生活様式の変化によって、月と暮らしとの距離が段々と離れてきて 「空を見上げて月を見たのはいつ…

REBORN ART FESTIVAL2019 vol.2 アート編 @石巻駅前&石ノ森萬画館

第二のテーマ「アート」 美味しいランチを食べたら 石巻駅前アート散歩スタート。 石巻って駅前にビルが並んでて立派な街。 街の至る所に「009」や「仮面ライダー」たち石ノ森章太郎作品が。 この光景からすでにアート。 そんな石ノ森キャラが並ぶマンガ…

REBORN ART FESTIVAL2019 vol.1 アート・音楽・食のフェス 石巻の絶品グルメ編

石巻を舞台にしたアート・音楽・食のフェス メインビジュアルは名和晃平さん オープニングLIVEはミスチル桜井さんやエレカシ宮本さん そんな面白そうなフェス REBORN ART FESTIVAL https://www.reborn-art-fes.jp/ が開催されるときいて 初の石巻へ 第一のテ…

れいわの働き方改革

ここ数日、普段あまり見ないネットニュースをチェックしてる。 チェックしているのは 先日の参議院選挙で当選した ALSと脳性まひという重度障害(この表現が適切でなかったらごめんなさい)の二人の議員 選挙って直前直後はお祭り騒ぎで 本来の目的である…

天気の子 世界は変わる、だから望む世界を選ぶ

高校の頃走ってた道 仕事で通ってた場所 毎日通る家の前 この道 この坂 舞台のほとんどが見知った場所で その詳細さにずっと目がいってしまった 主人公がつぶやく「この世界のカタチを決定的に変えてしまった」 それは当たり前に繰り返されてきたこと 東京は…

マリーアントワネット茶会

夏のお茶会 第一弾 マリーアントワネット茶会@星霜軒 マリーアントワネット×お茶? 洋の極み的な存在を和で表現するってどんなだろう? 毎回趣向を凝らしたお茶席と評判の星霜軒さん。 わくわく。 待合では美味しいヤマモモサイダー頂きながら、テーマに因ん…

瀬戸内旅③豊島・直島編

瀬戸内旅3日目・最終日 新鮮卵の卵かけごはんと昨日の残りのあら汁をたのしんだら 豊島で一番高い山・檀山へ。 檀山 豊島の周りの島々が一望できる。 朝から気持ちいいー。 気持ち良い見晴らしを楽しんだら、 豊島で一番行きたかった場所へ。 豊島美術館 豊…

瀬戸内旅②小豆島・豊島編

瀬戸内旅2日目 いよいよ島へ出発。まずは豊島! と思ったら、悪天候で乗ろうとしてた高速船欠航! 高松から豊島へ直行できない! かくなる上は小豆島経由で豊島へいこう! てことで、小豆島行きの高速船に飛び乗って 予定外の小豆島へ。 小豆島 瀬戸内海で淡…

憧れの瀬戸内旅① 高松編

瀬戸内国際芸術祭 瀬戸内トリエンナーレ 通称:瀬戸芸 第一回の様子を見て「いいなー」「いきたいなー」て思って早数年。 長年憧れだった瀬戸内に行ってきた。 きっかけは突然。 波照間島で出会った友達と話していた時に 「来週瀬戸内にいくんだー」 「いい…

七夕 星に願いを書と茶会

七夕に星に願いを込めて、 星 × 書 × 茶 のイベント 七夕 星に願い書と茶会 開催しました。 星の時間 七夕は 秋の豊作を祈る日本古来の神事と 織姫(織女)と彦星(牽牛)の伝説 芸事・書道などの上達を祈る中国伝来の行事・乞巧奠 があわさって生まれたと言…

願いは可視化することで叶う

2019年前半戦終了 ◯桜を追って旅する◯南の島を旅してまわる◯八重山の蛍の光をとらえる◯島々の星を堪能する◯瀬戸内のアートを体感する 「いいなぁ、やりたいなぁ」 て思ったことを書き連ねた 「やりたいことリスト」の数々 ふとあるごとに振り返ってたらこの…

海獣の子供 〜人は人であり宇宙である〜

現代科学によると この宇宙の96%はダークエネルギーとダークマターと呼ばれる 正体不明のエネルギーと物質で占められていて 人間が知っている物質は残りの4%にすぎない つまり 宇宙のほとんどは人間には見えない・わからないもの わかっていることは 人も…

水無月 〜最初のお茶の思い出〜

お茶をはじめて何年目かの6月 お茶を習いはじめて最初に頂いたお菓子が 「水無月」 旧暦の6月は夏の始まりの時期 冷房のない時代 夏を乗り越えるために 魔除けの意味の小豆を使って 氷に見立てたお菓子がこの水無月 この時期になると そんなお話を聞いて 「…

曜変天目 〜星と虹の輝きの茶碗〜

曜変天目 青と藍の星のような波紋 星が輝くような様から "曜変"と呼ばれるようになった茶碗 器の中をのぞくと 陽の光に照らされて 虹色の輝き 器の外側は 黒灰色の生地の上に とろっとした釉薬 ころっとして手におさまる感じがいい 世界に3つしか現存しない…

比較することは自分の好みを知る作業

こんな風に飾りたいなー 写真を飾る ていうと壁にパネルで貼るイメージだったけど 天井から吊るしたり 机の上に無造作に置いたり 壁一面に貼り重ねたり いろんな見せ方を見て 「いいなあ」て思う見せ方を集めると自分の好みが見えてくる 比較することは自分…

ミガキイチゴが紡ぐ縁

先週は一年ぶりの宮城 ”風とヒッピー”こと小林夫妻の 結婚一周年ツアーで二人の結婚式をした 思い出のICHIGO WORLDへ http://ichigo-world.jp/ 朝の新宿駅に集まって 一年前とおんなじ運転手さんの運転するバスに乗り込んで サービスエリアに寄るたびに美味…