kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

秋田夏旅番外編 十二湖

秋田を満喫した夏旅

 

最後の立ち寄りスポットは十二湖

 

十二湖とは? 

白神山地の西側にある33の湖沼群。

江戸時代の大地震による崖崩れによって出来たと言われていて、

十二湖の名前の由来は崖山から見ると12の湖が見えたことによるそう。

 

その中でも特に有名な

青池

f:id:kira_kira_boshi:20190923230415j:image

名前の通りの青さ!

 

同じ十二湖でも他の池はこんな感じ

f:id:kira_kira_boshi:20190923234134j:image

なので、ここの青さは段違い。

 

その青さの秘密は現代科学をもってしてもわかっていないそう。

不思議。


そしてもう一つの絶景がこちら。
f:id:kira_kira_boshi:20190923230419j:image

光の当たり方はこっちの方が好き。

 

科学で解明できていない神秘的な色。

自然のすごさを感じた夏旅の締めくくり。

魅力いっぱいな東北またきたくなりました。

 

 

www.makonavi.com

www.makonavi.com

 

秋田夏旅② 大曲花火競技大会

秋田旅2日目は秋田グルメめぐり

 

秋田グルメ

はじまりは

生グソ

 

最初に聞いたとき

「なにそれ?」て思ったその正体は

「生グレープフルーツ氷ソフトクリームのせ」

f:id:kira_kira_boshi:20190923141759j:image

グレープフルーツの他にもブルーベリーやネクタリンなどなど、いろんなフルーツがもりもり

 

秋田に来て驚いたのが果物の安さ

秋田といえばと「米」のイメージだけど

実は果物も豊富らしく

おかげでフルーツ盛り盛りの美味しい氷がお手頃価格で食べられる

 

普通サイズはちょっと寒くなるくらいだから小さめ氷にソフトクリームのせて食べるのが◯

 

美味しいおめざのあとは秋田駅

早めのランチ

秋田名物・稲庭うどん

f:id:kira_kira_boshi:20190923142157j:image

 

すっかりお腹を満たしたら

この度の大本命・大曲へ

 

大曲花火競技大会

f:id:kira_kira_boshi:20190923142258j:image

 

年に一度 全国の花火師たちが腕を競いあう

大曲花火競技大会

 

打ち上げ総数役1万8000発という

全国有数の花火大会に

普段は穏やかであろう街に75万人とも言われる人が押し寄せる

 

駅から大会会場となる河川敷まで出店が出たりして大賑わい

 

今回は秋田美人のおかげで桟敷席のど真ん中で

美味しいオードブル食べながら贅沢花火鑑賞


f:id:kira_kira_boshi:20190923142303j:image

 

日が沈むまでは昼花火

日が暮れたらいよいよ花火競技大会のスタート

f:id:kira_kira_boshi:20190923143458j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143539j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143447j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143435j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143425j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143439j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143443j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143528j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143417j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143506j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143502j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143925j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143531j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143452j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143524j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143535j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143421j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143431j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190923143428j:image

 

夜空に輝く宝石箱

 

 

直前まで大雨で開催も危ういんじゃ無いかと思うくらいだったけど、

この景色みられてよかった。

 

準備して頂いたみなさん

ありがとうございました。

 

つづく

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

秋田夏旅① 〜北秋田・縄文&カルデラ編〜

東北で唯一訪れたことなかった秋田

 

なまはげ と きりたんぽ

くらいしかなかったイメージが一新した

秋田美人といく夏の秋田旅 

 

 北秋田

旅のはじまりは大館能代空港から車ですぐのこちら

伊勢道岱遺跡

f:id:kira_kira_boshi:20190923101013j:image

ここは約4000年前のストーンサークルを中心とする

縄文遺跡

 

縄文遺跡といえば青森・三内丸山遺跡が有名だけど、実は北海道から九州まで分布している。

 

f:id:kira_kira_boshi:20190923100213j:image

特に北海道〜秋田にかけての

北海道・北東北の縄文遺跡群

縄文人の世界観や社会構造を復元できる貴重な遺跡として

ユネスコ世界文化遺産の国内推薦候補になっているそう。

 

 


伊勢堂岱遺跡 世界遺産候補「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」

 

https://www.city.kitaakita.akita.jp/isedotai/

 

縄文時代って?

そもそも日本列島に人の痕跡が残っているのは約10万年前ころ。

そして、約1万3000年程前に土器を用いた縄文時代がはじまり

2300年前ころまで続いていたそう。

その歴史およそ1万年

 

縄文時代って弥生時代のちょっと前でしょ」くらいに思ってたけど、

数百年の歴史の弥生時代と比較すると長!

 

縄文時代=狩猟

弥生時代=農耕

てイメージもあったけど、

1万年前ころには小規模な集落をつくて定住しはじめて、

6000年前ころには漆や栗などの栽培をしはじめていたそう。

数千年前の漆の色が今も残っているのびっくり!

f:id:kira_kira_boshi:20190923100127j:image

 

土偶

土偶が作られたのもこのころから。

個人的に土偶といえばコレ

 

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

ここに出てくる遮光器土偶縄文時代に作られたもの。

 

f:id:kira_kira_boshi:20190923100252j:image

発見された土偶のほとんどはどこかしらが破損していて

「祭事の時に生贄がわりに壊した」

「病気の治癒祈願で対象部位を壊した」などと言われている。

近年言われている説が、

土偶は女性、特に妊婦を象徴していて、

「生」の象徴として妊婦をかたどった土偶を崇めたんじゃないか?というもの。

 

伊勢道岱遺跡でもストーンサークルの周りから壊れた土偶が発見されていて

「祭事の時に用いていた」と考えられているそう。

f:id:kira_kira_boshi:20190923100402j:image

その伊勢道岱遺跡のストーンサークルの向こうに見えるのが

世界遺産白神山地

 

今でも山は信仰の対象とされているけれど、元々はとぐろを巻いた蛇の形になぞらえて崇められていたそう。

蛇は脱皮を繰り返すことから「再生」の象徴とされていた。

つまり、土偶ストーンサークル

「生」を崇めるためのキー。

そう考えると、縄文の人たちはいまよりも「生」というものに真正面にとらえていたのかも。

 

そんな風に遥か昔のご先祖さまの時代に想いを馳せることができるなんて幸せ縄文文化おもしろい。

 

 

 

数千年の時を超えた出会いの次は

寒風山・八郎潟

f:id:kira_kira_boshi:20190923100702j:image

男鹿半島の付け根部分に位置する寒風山 

案内してくれた秋田美人が

阿蘇山みたいで好きなの」と言っていた通り

カフカした緑のいい感じ。

それもそのはず、

ここは3万年以上前に始まった火山活動でできたカルデラ地形

何度も繰り返された火山活動で安山岩が積み重なってできた山は、

その表面を薄い表土と芝生が覆っていて、フカフカいい感じになっているのだ。

 

そして、山自体も魅力的だが、そこから見える景色も絶景

標高355mと東京タワーより数十m高いくらいなのだけど

大噴火口跡・秋田湾・大潟村白神山地

天気がよければ鳥海山もくっきり見えるそう。

f:id:kira_kira_boshi:20190923100501j:image

 

そして、眼下に見える大潟村がまたすごい。
f:id:kira_kira_boshi:20190923100810j:image

もともとは琵琶湖についで日本で二番目の大きさの湖・八郎潟

しじみやカレイなどが取れていた巨大な湖を干拓して陸地化し農地としたのが

今の大潟村

「豊かな湖を埋め立てて農地にするなんて昔の人は無茶するなー」

て思ったら、ここが埋め建てられたのは第二次世界大戦後。

戦後の食糧難の時代だったらしょうがないのかなぁ。

 

そんな数万年〜数十年前に思いを馳せた

北秋田・悠久の歴史と絶景スポット巡り

天気に良い日におすすめです。

 

つづく

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

京大宇宙落語 in 丸の内

宇宙 × 落語

f:id:kira_kira_boshi:20190825223657j:image

京大宇宙落語が初の東京講演

「明月記」が題材ときいて初参戦。

 

宇宙落語って?

宇宙好きで 落語好きな面々が寄り集まってできた同好会

「宇宙落語制作委員会」による落語会。

 

もともとは、宇宙に関連した異なる分野の連携と融合による新しい学問分野・宇宙総合学の構築を目指して京都大学に設置された「京都大学宇宙総合学研究ユニット」の活動をきっかけとして集まった面々によって、最新の宇宙科学を「落語」という古くから親しまれた芸能で広めようという面白い試み。

 

明月記

「月にうさぎは本当にいるの?」

そんな弟の無邪気な質問の答えを探して街をさまよう少年

いく先々で出会う人々にきいてまわるけど、

会う人会う人が一癖も二癖もある人ばかり

はたして答えは見つけられるのか...

 

「月ではうさぎが餅つきしている」

月の影をうさぎに見立てたあまりにも有名な話から始まる一席

 

月桂冠から、月の石、月光仮面まで

月にまつわるネタでクスり

笑いならが宇宙に親しめるっていい

 

タイトルの由来になった「明月記」

鎌倉時代歌人藤原定家 (1161~1241)の日記

明月記 (1973年)

古今和歌集小倉百人一首などの撰者である定家は

日記になんでも書き残す人だったそう。

 

その日記には、1,000年程前の超新星爆発やオーロラの記録がいくつも書き残されていて、現代天文学の重要な史料に。

 

例えば、

元久元年1204年には京都でオーロラが。

いまの京都から考えたら想像つかないけど、数百年に一度こんなことがあるらしい。

 

そして

1054年には超新星爆発も。

爆発があった時は定家は生まれていないのだけど

当時天文を司っていた土御門家(安倍晴明の子孫)にきいた話として残っている。

 

この時爆発したのはカニ星雲

Gifts Delight ラミネート加工 24x24 ポスター:宇宙 - 宇宙 - カニ星雲 カニ星雲 6年 - カニ星雲 6年 - ワイドで広がる星の超新星爆発の残り。

 

このカニ星雲

存在自体は有名だったけれど、一体いつ爆発したのか長い間不明だった。

なぜならヨーロッパの古文書には爆発の記録が残っていなかったから。

そこへ日本のアマチュア天文家・射場さんが「明月記」の記録を英天文誌に紹介したことで、その爆発の時期が特定された。

 

この超新星爆発によって星の内部にある元素が宇宙に放出される。

そして、それは私たち生命の源になった。

 

そんな元素の起源に繋がる超新星爆発など貴重な証拠を書き残した「明月記」は

日本天文遺産の第一号になった。

 

鎌倉時代歌人の日記が現代の天文学の重要な礎になってるなんて面白い。

 

こんな風に、天文学は古い歴史から新しいことがわかるのが面白い。

 

宇宙落語の最終目標

宇宙落語の最終目標は「宇宙で落語をする」なのだそう。

無重力の宇宙で「オチない」にならないことを祈ります。

 

 

こんな風に「宇宙 × ○○」て面白い。

 

てことで、来月

「宇宙 × 書 × 茶」のイベント開催します。

 

www.makonavi.com

 

「月」をテーマに宇宙トーク&書&茶の時間。

 

中秋の明月の備えて、一緒に宇宙を楽しみましょう🌕

 

 

REBORN ART FESTIVAL2019 番外編 ねこ島・田代島散策

アートフェス番外編・石巻観光

離島プチトリップ@田代島

 

田代島って?

石巻から高速船で30〜40分

 

人よりねこの方が多いと言われる

通称「ねこ島」

 

ねこが多いのはなぜ?

田代島ではかつて繭の生産が行われて、ネズミから繭を守るために猫が飼われ大切にされてきた。

また漁業の島でもある田代島。大漁の守り神として猫を大切にしていて

島の中心には猫を祀った神社「猫神社」も。

 

レッツ散策

そんなねこ島・田代島 プチトリップスタート。

 

田代島には二つの発着所があり、

今回は先に到着する「大泊港」へ。

 

じりじり焼ける暑さの中、第一にゃんこ発見!

f:id:kira_kira_boshi:20190818105517j:plain

うん。暑いよね。日陰がいいよね。

 

 

f:id:kira_kira_boshi:20190818105611j:plain

道すがらにはかつて住居あとたち。

この田代島も震災で津波の被害を受け、いまの人口は50人あまりとも。

 

 

f:id:kira_kira_boshi:20190818110348j:plain

野百合が美しい。

 

しばらく歩くと見えてきた

猫神社

f:id:kira_kira_boshi:20190818110523j:plain

かつて漁の支度中に死なせてしまった猫を弔った猫神社

 

錠前まで猫で可愛らしい。

 

猫神さまに旅の安全と更なるお猫さまとの出会いをお願い。

f:id:kira_kira_boshi:20190818110651j:plain

 

真夏の暑さの中、たどり着いたオアシス

島の駅

f:id:kira_kira_boshi:20190818110849j:plain

 

中に入った途端

 

お猫様ー!

f:id:kira_kira_boshi:20190818110909j:plain

レジカウンターの上でぐっすりスヤスヤ

 

しっぽを撫でても気にすることないお猫さま

 

気持ち良さそー。

 

そんなお猫さまのご相伴に預かって、我々も休憩。

 

ちょこっと早めのお昼ご飯

 

ウニおにぎり牡蠣の潮汁

f:id:kira_kira_boshi:20190818111446j:plain

見た目は地味だけど、旨味たっぷり海の幸ありがとう。

 

空調効いた涼しい場所でこんなに美味しいもの食べられるなんて幸せだ。

 

猫神社からココの間がだいたい島の中心地

 

英気を養ったら島の残り半分を散策に

 

f:id:kira_kira_boshi:20190818111739j:plain

 

 てけてけ歩いてたどり着いた

マンガアイランド

なにこの景色ー。

こんな景色に会えるなんて思ってなかった!

f:id:kira_kira_boshi:20190818111803j:plain

 

 

敷地内には猫をモチーフにしたいろんなロッジ。

わいわい泊まるのも楽しそう。

f:id:kira_kira_boshi:20190818111832j:plain

 

 

そこから下って仁斗田港へ

f:id:kira_kira_boshi:20190818111930j:plain

 

 

f:id:kira_kira_boshi:20190818111905j:plain

 

にゃんこを眺めながら街中散策

f:id:kira_kira_boshi:20190818112445j:plain

 

照りつける太陽の下、お猫さまたちも日陰でおやすみ

f:id:kira_kira_boshi:20190818112844j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190818112648j:plain

 

島にいた人に聞いたら、普段は観光客がくると猫がたくさん出て来るそう。

「この暑さじゃしょうがないよねー。この間は若いお兄ちゃんが熱中症でヘリで搬送されてたから気をつけなー。」て。

 

島の診療所は週2日石巻からお医者さんが通いできてるらしく、

それ以外の日は最悪はヘリ!

 

それは遠慮したいのでカフェへ避難しようと思ったら、

チェックしていたお店がどこも臨時休業!

このままだと熱中症に!

 

最後の体力を振り絞って、唯一あいていた島の駅へ帰還。

お店の人に「お帰りなさい」て言われて、ほっと一息。

まさに砂漠のオアシス。

 

f:id:kira_kira_boshi:20190818112506j:plain

 

 

お猫様も午後の休憩

f:id:kira_kira_boshi:20190818113601j:plain

 

f:id:kira_kira_boshi:20190818113619j:plain

 

そんなこんなで仁斗田港へ

f:id:kira_kira_boshi:20190818113634j:plain

 

津波の被害を受けた港には

護岸工事の音が響く

 

この港に猫があふれてる姿みたいなぁ。

 

次は春か秋にこよう。

 

そんなねこ島・田代島プチトリップでした。


https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10053500/0050/3639/3639.html

 

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

REBORN ART FESTIVAL2019 vol.4 アート編 @雄鹿半島

REBORN ART FESTIVAL 本編ラスト

リボーン・アートツアー@雄鹿半島

f:id:kira_kira_boshi:20190815163925j:plain

http://www.umimachi-sanpo.com/raf2019/raf2019-oshika-tour/

 

雄鹿半島の5つのエリアのアートを一日かけて回るバスツアー

 

ツアーのはじまり

 石巻駅 

地元のガイドさんに案内してもらいながら、

最初の目的地・荻浜をめざす。

そして、道すがら見えてくる震災のあと。

今回泊まった宿も石ノ森萬画館の周りも、市街地は比較的大きな建物は昔からのところが残っているけど、普通の民家は真新しい家が多い。

流されたりして、立て直したり、更地のままになってたりしたんだろうな。

 

かつて東洋一と言われた大きな倉庫も津波の被害にあって納められていた海産物が流れてしまって大変だったそう。

いまでは前より大きな倉庫に建て替えられて、石巻の「食」を支えてる。

 

アートを巡るだけじゃなくて、土地のことも知ることができるていい。

 

万石浦

牡蠣 生がき[S]2kg 生牡蠣 殻付き 生食用 宮城県産 雄勝湾 漁師直送 生ガキ 焼きカキ BBQバーベキュー

石巻の名物のひとつが牡蠣

 万石浦養殖場にはたくさんの牡蠣殻。

うー食べたい。

 

蛤浜

f:id:kira_kira_boshi:20190815163559j:image

道の途中に見えてきたかわいいツリーハウス。

蛤浜の人たちがつくったカフェはまぐり堂の目印。

https://www.hamaguridou.com/

ここは津波で壊滅的な被害を受けた蛤浜の人達が、暮らしをつないで、笑顔が集う場所を目指してつくった場所。

「こんな田舎に人が来るわけない」て言われながら様々なひとたちの協力で作られたその場所は、いまでは年間1万人もの人が集う場所になったそう。

次に来るときは予約制のランチたべてみたいな。

 

月浦

ウッディジョー 1/80 サン・ファン・バウティスタ 木製帆船模型 組立キット

支倉常長たち慶長遣欧使節団がスペイン・ローマへ旅立った場所。

主君・伊達政宗の命を受けて西洋に旅立ち、ローマ法王に謁見し、キリスト教に改宗して帰ってきた彼ら。

しかし、戻ってきた日本ではキリスト教は弾圧され、支倉常長は失意の中で亡くなったそう。

一部の家臣はローマに残り、その他に名を残している、なんて歴史の話面白い。

 

荻浜エリア

REBORN ART FESのシンボル

名和晃平さんの雄鹿がいる荻浜 

 

浜に行きがてらの道からアートみたい

f:id:kira_kira_boshi:20190815164020j:image

 

チリチリの太陽の下

てくてく歩いてご対面

 

White Deer

f:id:kira_kira_boshi:20190815164119j:image

そう、この子に会いたかった!

海と山 石巻の自然をバックにどこから見てもカッコいい!

 

Analemma-Slit

f:id:kira_kira_boshi:20190815164424j:image

太陽の光がそのままアート

 

Flame
f:id:kira_kira_boshi:20190815164356j:image

燃え盛る火口のように見えて

ひんやり涼しい不思議な感じ

 

 

 Emerge
f:id:kira_kira_boshi:20190815164353j:image

かつての魚雷格納庫の奥に潜む不思議な光

 

荻浜の地形を生かしたアートたち面白い

 

 

f:id:kira_kira_boshi:20190815164757j:image

そんな作品たちを眺めながらランチも楽しそう。

 

メインビジュアルがある事もあって賑わってた荻浜。

楽しそうなこの光景も震災があったから今あるんだよなぁって思うと

楽しいけどちょっと複雑。 

 

そんな荻浜を後にしたら

 

小積エリア

鹿と人間の数のバランスが崩れて害獣問題が起きているという小積。

そこでは駆除された鹿を活かす試みも。

 

f:id:kira_kira_boshi:20190815164433j:image

 

その後の物語

f:id:kira_kira_boshi:20190815164344j:image
f:id:kira_kira_boshi:20190815164340j:image

 

このエリア一番のお気に入り

すべての場所に命が宿る@雄鹿のスケッチ

f:id:kira_kira_boshi:20190815164842j:image

 キトラ古墳みたい

f:id:kira_kira_boshi:20190815164427j:image

f:id:kira_kira_boshi:20190815164402j:image

 

小積浜を抜けたら

ランチタイム

地元のアーティスト・ホヤパイ女将の食堂で地元ならではのご飯

f:id:kira_kira_boshi:20190816133554j:plain

 

カサゴの唐揚げに、鯨の煮こごり、ひじきも初めて見る大きさ

やさしくて美味しい。

f:id:kira_kira_boshi:20190816133440j:plain

 

 

鮎川エリア

お腹を満たしたら鮎川へ

捕鯨基地として昔から栄えていた鮎川

ちょうど鯨まつりの日でお祭り会場に地元の人がたくさん

f:id:kira_kira_boshi:20190816133938j:plain

 

鮎川集会所の近くには青葉市子さんのかわいい作品

風の部屋

 

入口入る前からかわいい

f:id:kira_kira_boshi:20190816134241j:plain

 

雄鹿のオーちゃんと鯨のクーちゃん(勝手に命名)かわいい

f:id:kira_kira_boshi:20190816140012j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816135905j:plain

 

そしてこの気づかい!

もちろん中にはアイスキャンデー!(暑すぎて写真撮る余裕なく食べちゃった)

f:id:kira_kira_boshi:20190816135825j:plain

 

青葉さんの人肌感にほっこりする

 

f:id:kira_kira_boshi:20190816140228j:plain

 

f:id:kira_kira_boshi:20190816140431j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816140350j:plain

 

 

お隣には

詩人の家

f:id:kira_kira_boshi:20190816140543j:plain

詩人はお昼ごはん中。ざんねん。

 

f:id:kira_kira_boshi:20190816140634j:plain

夜はいろんなアーティストさんの集うBARになるそう。面白そう。

 

足元にはかわいいマンホールたち

f:id:kira_kira_boshi:20190816140812j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816140727j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816140742j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816140757j:plain

 

そこから車でちょこっと

ここまできたら雄鹿半島の端っこへ

 

国民宿舎コバルト荘

f:id:kira_kira_boshi:20190816141021j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816140930j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816141109j:plain

海の向こうは金華山

思えば遠くにきたもんだ。

金華山も行ってみたいなぁ。

 

さて、半島を折り返して最後のアートエリア

桃浦エリア

旧荻浜小学校の校庭に見えてきたのが

 ぽっかりあいた穴の秘密

f:id:kira_kira_boshi:20190816141703j:plain

 

中にはいると

f:id:kira_kira_boshi:20190816141823j:plain

キャリーちゃんをプロデュースした増田セバスチャンさんの世界観!

すごーい!

 

校内にも

Microcosmos-Melody

f:id:kira_kira_boshi:20190816142024j:plain

この感じちょっと既視感

ちゃんと調律されてるっぽくて、いい音。

 

校内の至るところがアート

 

White Forest of Omens

f:id:kira_kira_boshi:20190816142159j:plain

 

Peach Beach, Summer School

f:id:kira_kira_boshi:20190816142219j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816142239j:plain

 

学校を出て桃浦へ

 

ふしぎな

淡(あわ)

f:id:kira_kira_boshi:20190816142608j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816142621j:plain

 

草間彌生さんの定番水玉

新たなる空間への道標

f:id:kira_kira_boshi:20190816142734j:plain

 

防波堤のそばに建てられた

Lonely Museym of Wall Art

f:id:kira_kira_boshi:20190816142801j:plain

 

港には

海神さま

みんなを見守ってる

f:id:kira_kira_boshi:20190816142819j:plain

 

そしてラストは「食」とつながる

命は循環していて、命は神に送られて神は命を人間に与える。我々の魂は永遠に続く

f:id:kira_kira_boshi:20190816142852j:plain

f:id:kira_kira_boshi:20190816142916j:plain

 

この桃浦はいまは10人くらいしか住んでいないそう。

だから、このイベントで人が来て賑やかになってうれしい。

て、ボランティアで運営サポートされてる地元のご婦人が話してくれた。

 

暑い中、交通整理してくれてるのは市役所の人らしい。

 

いろんな人のおかげで石巻を満喫できた。

 

 

今回、レンタカーなしでアート鑑賞する為に参加したのだけど、

このツアーに参加できてすっごくよかった。

 

・4つのエリアの8〜9割の作品を見て回れて

・地元の食材を使った美味しいランチも食べられて

・移動の間は石巻の話、震災の話はもちろん、歴史や文化の話きけて

 

ただアートを見てまわるだけじゃなくて

1日かけて土地のことを地元の人のきいてまわるって

このツアーに参加しなかったらできなかったと思う。

 

汗だくになりながら1日アテンドしていただいたガイドのみなさん

暑い中フェスを運営してくださっている市役所・ボランティアのみなさん

ありがとうございました。

 

 

今回のアートフェスで強く思ったのが

  "アートは「問い」のきっかけ"

て思えばいいのかな、てこと。

 

「アート」て一口に言っても

いろんなアーティストさんがいて

いろんな作品があって

全てが万人に受け入れられるわけじゃないと思う。

 

けれど、その存在によって

"何かを考えるきっかけ"

て思えば良いのかな。

 

アート⇨問い、デザイン⇨解

みたいに。

 

8/20からは網地島のアートもスタート。

地島ツアーも行きたいなぁ。

https://www.umimachi-sanpo.com/raf2019/raf2019-ajishima-tour/

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

REBORN ART FESTIVAL2019 vol.3 音楽編「転がる、詩」

REBORN ART FESTIVALの3つめのテーマ「音楽」

 

その象徴的なライブ

「転がる、詩」

f:id:kira_kira_boshi:20190815090343j:image

https://www.reborn-art-fes.jp/music/korogarushi

 

このフェスの実行委員長・小林武史さんのもと、

石巻に豪華なアーティスト達が集う豪華な夜。

 

トップバッター

青葉市子

f:id:kira_kira_boshi:20190815090354j:image

ファンタジーから抜け出してきたような雰囲気の青葉さん

おとぎ話に流れていそうな、そのうた。

ライブのはじまりの時間に流れたアート作品「時報」も優しかった。

 

 

 

宮本浩次

f:id:kira_kira_boshi:20190815090409j:image

意識飛び飛びな暑さの中、ハイテンションで飛び出てきた人・エレカシ宮本さん

テレビで見たいたそのまま元気すぎるその姿に飛びそうになってた意識が帰って来る

「魂が吠えてる」

まさにそんな感じ

「今夜、月の見える丘に」きけたの嬉しかったなぁ

 

 

桜井和寿

f:id:kira_kira_boshi:20190815090526j:image

トリはお待ちかねミスチル櫻井さん

てか、声若い!

ウカスカジーのLIVEしか行ったことなかったから

ミスチルの楽曲を初めて生できいたのだけど、

子供の頃CDできいてたより若いんじゃないかってくらい

すごいなぁ

 

Sign

「めぐり逢った 全てのものから送られてるサイン

 もう 何ひとつ 見逃さない

 そうやって暮らしてゆこう」

 

そうだなぁ。

 

ひとつひとつの言葉、転がる詩を大切にした今回のライブ

このフェスの要素のひとつとして来れてよかった。

 

ライブを見てた時は気づかなかったけど、

震災の時あの体育館がどんな状況だったのか思いをはせたら、

あれは亡くなった方への鎮魂と生きている人への鼓舞がつまった時間

あんなに熱気と笑顔でいっぱいの姿は奇跡みたいだったのかも知れない。 

それぞれのアーティストさんのファンの人たちが全国から押し寄せた感じで、

地元の人は見れたのかなぁ?てちょっと思ったけど、

これが石巻に来るきっかけになって、石巻のことを好きな人が増えたのならいいなぁ。

そう思った夜でした。

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com

 

 

www.makonavi.com