kotonoha

「すき」「いいな」をつめこんだ記録

水無月 〜最初のお茶の思い出〜

お茶をはじめて何年目かの6月


お茶を習いはじめて最初に頂いたお菓子が

水無月

 

f:id:kira_kira_boshi:20190601223147j:image


旧暦の6月は夏の始まりの時期


冷房のない時代

夏を乗り越えるために

魔除けの意味の小豆を使って

氷に見立てたお菓子がこの水無月


この時期になると

そんなお話を聞いて

「お茶てすごいなー」

て思ったのを思い出す。


そんな6月最初の日

水無月と冷水点のお茶を

美味しく頂く。


今年の夏はこんな涼の取り方していこ。

曜変天目 〜星と虹の輝きの茶碗〜

f:id:kira_kira_boshi:20190601152611j:image

 

曜変天目

 

青と藍の星のような波紋

 

星が輝くような様から

"曜変"と呼ばれるようになった茶碗

 


器の中をのぞくと

陽の光に照らされて

虹色の輝き

 


器の外側は

黒灰色の生地の上に

とろっとした釉薬

 


ころっとして手におさまる感じがいい

 


世界に3つしか現存しないと言われる曜変天目


この春はその三碗が同時公開

て話を随分前からきいてたけど

会期ギリギリに「みたい!」て思って

東京の静嘉堂文庫美術館曜変天目

通称"稲葉天目"にあいにいってきた。

 


名物茶碗の展示といえば、

薄暗い展示室の奥に鎮座してることがおおいけど

今回の稲葉天目は自然光の中で360度ぐるりとみられる展示

 

おかげで
自然の光の中で現れる

虹色と星が輝くような青と藍を堪能

 

この茶碗が作られたのは

12〜13世紀頃

9世紀ものあいだ人の心をとらえて離さない美しさ

て凄いなぁ。


曜変天目の公開は明日6/2まで


気になる方はぜひ静嘉堂文庫美術館

http://www.seikado.or.jp

比較することは自分の好みを知る作業

こんな風に飾りたいなー

f:id:kira_kira_boshi:20190520230515j:image

 

写真を飾る

ていうと壁にパネルで貼るイメージだったけど

 

天井から吊るしたり

机の上に無造作に置いたり

壁一面に貼り重ねたり

 

いろんな見せ方を見て

 

f:id:kira_kira_boshi:20190520230937j:image

「いいなあ」て思う見せ方を集めると自分の好みが見えてくる

 

比較することは自分の好みを知るための作業なんだな

 

勉強になった写真展でした

CURBON写真展@渋谷西武
https://www.curbon.jp/pages/shibusei-curbon

ミガキイチゴが紡ぐ縁

f:id:kira_kira_boshi:20190517004555j:image
先週は一年ぶりの宮城

 

”風とヒッピー”こと小林夫妻の

結婚一周年ツアーで二人の結婚式をした

思い出のICHIGO WORLD

f:id:kira_kira_boshi:20190517005842j:image

http://ichigo-world.jp/

 

朝の新宿駅に集まって

一年前とおんなじ運転手さんの運転するバスに乗り込んで

サービスエリアに寄るたびに美味しいもの買い込んで

f:id:kira_kira_boshi:20190517004645j:image

前と同じように笑いの絶えない道中

 

でも前との一番の違いは

今回のメンバーにはベイビーたちが!

 

みんなでモクモクしたBBQも

 

マシュマロ焼くのにハマったキャンプファイヤー

f:id:kira_kira_boshi:20190517004731j:image

 

ICHIGO WORLDでの美味しいイチゴ狩りも

f:id:kira_kira_boshi:20190517004842j:image

 

温泉も

 

もちろんバスの中も

 

みんなたのしかったけど

ちびっこたちがいて

一緒に遊ぶみんながいて

一層たのしかった。

 

ミガキハウスの仕事を二人が受けてなかったら

一年前にバスを借り切ってバスツアーで宮城に来ることはなかったし、

今回またバスツアーに参加することもなかったし、

ミガキイチゴと小林ファミリーが紡いでくれた縁に感謝。

 

 

そしてミガキイチゴを知ったおかげで

行きつけのカフェもできた。

 

ミガキイチゴを使った美味しいパフェのお店

CAFE CUPOLA majiro

http://cafe-cupola.com/

 

一年前のミガキイチゴツアーの後に

「都内でミガキイチゴが食べられるところないのかな〜」

て探して見つけたのがココ。

 

f:id:kira_kira_boshi:20190517005034j:image

 季節ごとに変わるパフェがとにかく美味しい!

こんなに美味しいパフェが食べられるなんて、

大人になって良かった。

 

今の時期はもちろん「ミガキイチゴ

今週までは

「ミガキイチゴとココナツジェラートのパフェ」

f:id:kira_kira_boshi:20190517005102j:image

イチゴミルクジェラート

イチゴソルベに

ココナツジェラート

イチゴのコンポートに

ミガキイチゴ満載で絶品。

 

来週からは

「ミガキイチゴとルビーチョコレートのパフェ」

f:id:kira_kira_boshi:20190517005119j:image

甘酸っぱいルビーチョコレートとミガキイチゴの組み合わせが絶品な大人風味パフェ。

 

どっちも絶品!

 

そんなたのしい美味しい縁を紡いでくれた

「ミガキイチゴ

 

食べてみたい人は

宮城のICHIGO WORLD

http://ichigo-world.jp/

目白のCAFE CUPOLA majiro へ。

http://cafe-cupola.com/

 

 

www.makonavi.com

 

平成最後の旅@波照間島

波照間島で星を見たい」

そう思いながら波照間島の宿を取りそこねて、

石垣島から日帰りで波照間島

f:id:kira_kira_boshi:20190503180042j:image

 

乗ろうと思ってた船に乗れず午後便で

 

無事に島に着いたら

まずはランチ

f:id:kira_kira_boshi:20190503175738j:image

港から近いあやふぁみさんのトロトロラフテー

お隣の氷処みんぴかさんも気になるけど、

またあとで。

 

おなかを満たしたらニシ浜へ

f:id:kira_kira_boshi:20190503180207j:image

みたことのない色

この波照間島ブルーがみたかったんだ

 

波打ち際パシャパシャ気持ちいい

今度は泊まりでシュノーケルしよう

 

浜を満喫したら次は日本最南端を目指す

 

日差しはもう夏

電動自転車借りられてよかったけど、

電動アシストなかったらあっという間にバタンキューだ

 

しばらく自転車をこぎこぎ

人とほとんどすれ違わない

1便の船を満席にするほどの人はどこ行った?

 

炎天下を走ること数十分

日本最南端へ

f:id:kira_kira_boshi:20190503180329j:image

さすがにここは人いっぱい

これで日本最南端も本州最南端も制覇だ

 

こっち側の海の色はニシ浜とずいぶん違うなあ

 

さてお次は星空観測タワーへ

f:id:kira_kira_boshi:20190503180444j:image

あれ?おやすみ?

連休中はおやすみなんだ。

つぎは空いてる時にくるぞ


にしても暑いーかき氷ー

氷処みんぴかさんへダッシュ

f:id:kira_kira_boshi:20190503180542j:image
どんな氷があるかなーてみようとしたら

石垣島月桃屋で一緒したともえちゃんとまさかの再開。

 

波照間島に来てるの知ってたけど

ここであうなんてすごい偶然

 

おんなじ宿のみなさんとたのしそう

 

ん?相部屋できる?

え?いいの?

たしかに今日は星がよく撮れそう

あー三脚石垣島に置いてきちゃったなー

え?貸してもらえる?

え?なにこの展開?

 

f:id:kira_kira_boshi:20190503184344j:image

かき氷食べに来ただけなのに

波照間島に泊まって星撮りできるかも

わー、なにこの展開、のるしかない!

 

みんなについて今夜の宿Namiさんへ

 

波照間島の常連さんがいっぱい

釣り人さん達が取ってきた立派な貝がごろごろ

f:id:kira_kira_boshi:20190503203825j:image

すごいなー

 

お泊り用品持って来てないから着替えを買って

ダッシュで離島ターミナルいってお見送り

f:id:kira_kira_boshi:20190503184431j:image

 

そのまま日暮れを待って

防波堤で沈む夕日をながめる

f:id:kira_kira_boshi:20190503184509j:image

 

さっきの船に乗って帰るはずだったんだよなー

なんか不思議

 

宿までてくてく

街灯もまばらな真っ暗な道

一人だったらめげる距離だ

帰り道にはサガリバナ

f:id:kira_kira_boshi:20190503185045j:image

熱帯の夏の花がもう咲いてる

うん、春通り越して気分は夏だよね

 

今夜のゆんたくの中心は

釣り人さんたちの立派な獲物たち

採れたての魚介を食べられるなんて贅沢

釣って捌けるてすごい

いい趣味だ

 

いよいよ星空タイム

民家を抜けて明かりのない場所へてくてく

見上げたら満天の星

貸してもらった三脚で南に向けてカメラを固定

星アプリだと水平線に南十字星

撮れたらいいな

 

しばらく撮って確認する

 

ん?ひし形の星が映ってる

f:id:kira_kira_boshi:20190503184551j:image

でも星アプリの示す位置より高い

 

んーわかんない

これは南十字星見たことある人に見てもらうしかない

え?これ南十字星

ええ?ほんとに?

アプリの位置より高いけどえくぼ星も映ってる

f:id:kira_kira_boshi:20190503185722j:image

て、えー!

南十字星撮れたー!

すごいー!

うれしー!

 

日帰りのはずだった波照間島

夕陽も星空も見えて

南十字星まで撮れたなんてツイてる!

ノリで動いてよかったー。

 

波照間島満喫して迎えた最終日の朝

f:id:kira_kira_boshi:20190503190232j:image

 

朝の波照間ブルーを満喫してから

高速船で石垣島

f:id:kira_kira_boshi:20190503190304j:image

島の見送りに感動

 

これから帰るとこなのにまたきたくなる

 

石垣島に戻ったら月桃屋さんに戻って

最後のあいさつ

 

3日前にはじめてきたのに

居心地よすぎてここから帰るのが不思議なくらい

f:id:kira_kira_boshi:20190503191102j:image

 

「つぎはいつこれるかなあ」

て思いながら空港までのバスに揺られてたら

まさかの忘れ物!

 

車で届けてもらってそのまま空港に届けてもらって無事に帰路へ。

 

旅の予定が変わってフライトと宿を取り直したり

乗ろうと思った船に乗れなかったり

偶然の再会があったり
予想外の出来事のおかげで
素敵な出会いが沢山あった今回

 

運と縁とノリで素敵な思い出がいっぱいできた

平成最後の旅

 

出会ったみなさんありがとうございます

 

令和も運と縁とノリで旅してきます

 

平成最後の旅@石垣

月桃屋二日目はニャンコ達とあそんでからの
石垣グルメツアー

 

大人気の明石食堂のトロトロソーキ

f:id:kira_kira_boshi:20190503102248j:image

 

石垣島最北部端 平久保岬

f:id:kira_kira_boshi:20190503102413j:image


さっぱり美味しい光楽園

f:id:kira_kira_boshi:20190503102513j:image


屋上からの景色も素敵だったミルミル本舗

f:id:kira_kira_boshi:20190503161300j:image


石垣グルメツアーたのしかったー

 

夕方からはゆなてぃく市場のお祭り


串焼き食べつつライブたのしんで

おみやげは新鮮野菜の詰め放題

(ニャン太は興味なさそう)

f:id:kira_kira_boshi:20190503103125j:image

夜は戦利品の野菜でヘルシーゆんたく

山盛りトマトとキュウリがあっという間になくなるくらいたのしかったあ

平成最後の旅@石垣島

f:id:kira_kira_boshi:20190503103316j:image

朝ごはんを食べて川平から石垣島の中心地へ

 

二つ目の宿 月桃屋さん

f:id:kira_kira_boshi:20190503103434j:image
早めに行ったら人も猫ものんびり

 

お昼の船が欠航したらしい

船はお天気次第なんだ

 

f:id:kira_kira_boshi:20190503095335j:image

ソファーの上ではニャンコがすやすや

毛並み気持ちいいかわいい

猫好きにはたまらない

 

夜はみんなでホタルツアー

日没から30分間だけ光るヤエヤマヒメボタル

f:id:kira_kira_boshi:20190503095507j:image

あたりが暗くなるにつれて小さな光がふわふわとあふれてくる

f:id:kira_kira_boshi:20190503100319j:image

ホタルは自分より強い光があると光らなくなっちゃうから

カメラのランプふさいで

モニター光らないようにして

ファインダー越しに光をながめる

 

暗闇でじっとしてると幻想的なほのあかりにつつまれる

 

ホタルの夕べを楽しんだら

VERAと夜景ドライブ

 

宇宙の地図をつくっている電波望遠鏡VERA

f:id:kira_kira_boshi:20190503095913j:image

間近までいけて迫力満天

次は星の見える夜にまた来よう

 

宿に帰ったらみんなでゆんたく


はじめましてさんも常連さんもみんな交えてわちゃわちゃするたのしい

 

いいなあこの感じ

 

みんなの旅話きいてると

次いきたいところがどんどん出てくる

 

旅人さんはこうして旅情報を仕入れてるんだなあ

 

ガイドブックとネットの情報もありがたいけど、実際に行った人の口コミが一番

 

たのしい夜はいつまでも